フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

潮位表

無料ブログはココログ

道具

2016年10月 2日 (日)

新クーラーボックス

10月2日

これまで使っていたクーラーボックス。
もう7年くらい使っていて傷だらけでもうぼろぼろの状態。
落としたり、ぶつけたりして保冷力もだいぶ落ちてきていた。
そこでここ数か月新しいクラーボックスを物色していたわけである。

購入基準はやはり保冷力。
自分の釣スタイルはけっこう時間が長いので
少なくても24Hの保冷力の高いものが良い。
そこでリストにあがったのが、ちょっと高いがシマノのフィクセルプレミアムと
ダイワのプロバイザーZSS。
大きさは小物釣師には20L前後で十分。
あとは値段だがやはりネット通販が安いので
Amazonと楽天とyahooの情報を二か月ほどにらめっこ。
で結局チョイスしたのは実績があって、保冷力がバツグン、
そして楽天で33%オフで出ていたプロバイザーZSS2100X。
Dsc_0807



















メーカーの説明によると

Photo






















やはり真空パネルの保冷力が高い。
Photo_2










3_2

















ZSS2100の保冷力は☆4つ。
1.5泊でも十分耐ええるものだ。
蓋の開閉が多いと能力ダウンになるが
2100Xは蓋に投入口が付いているのでその点はかなりカバーできるだろう。

さて、外房のアジもかなり回復傾向とのこと。
入魂日(クーラーボックスでもありかな)が待ち遠しいかぎりだヽ(´▽`)/

2016年6月26日 (日)

連勝ストップから連敗

6月18日

5連勝を目論み出撃するも
とうとう悪運つきて丸坊主。
4連勝できたのが奇跡なんだが
しかし残念である。
アングラーは50人以上いたと思うが誰一人ヒラヒラは釣れてなかった。
これでシーズン終了だろう。
Dsc_0604



















Dsc_0605



















7時過ぎ、あきらめて皆さん納竿。
さびしいビーチとなってしまった。

6月19日
この日は外房釣師会有志でホンビノス貝ほり。
これがけっこう体力的にきついのだが
食べておいしいので、つい頑張ってしまった。
Dsc_0615

















筋肉痛になったことは言うまでもない。


6月26日
ウィークデイに某港でカマスがあがったとの情報。
これは行くしかないでしょう。
日曜日早朝、一時間ほど寝坊して某港4時着。
ベストポジションを見ると、誰もいない。
Dsc_06182


















これはラッキーなのか?
南風が多少残る中ぶん投げ1時間。
やはりアンラッキーだった。
地元釣り師がいないのは釣れてない証拠。
それでも7時まで粘ってみる。
結果は・・・やっちまった。

とほほの連敗。
4連勝という良い夢を見させてもらったがその反動が・・・
連敗トンネルは長いんだよな~
次回は何狙いでいきますかねぇ。

2016年6月11日 (土)

4連勝

6月11日

な、なんとヒラヒラ4連勝!
1年分の釣運を使い果たしたかな。

Dsc_0574


















昨晩11時に南房着。
ワンカップ片手にサクッと仕掛けの準備をしてとりあえず仮眠。
3時に起きて4連勝を賭けてスタート。

3時半になると水平線が明るくなり
4時にはもうライトはいらない。
5時頃、日の出を望みながらこの風景を楽しむ。

6時、今日は晴天で早くも暑くなってきた。
ていうか、見える範囲に50人くらいのアングラーがいるが
誰一人釣れてない。
げげげ、もうシーズンは終わりか。
Dsc_0571





















Dsc_0573



















7時になるとみんな諦めて帰って行く。
自分は4連勝がかかっているので
簡単に諦めるわけにはいかない。
が、ここまでまったくあたりがない。

8時頃になると竿をだしているのは10人くらい。
そんな中、ルアーを巻いているとグググと竿を引っ張るあたりが。
よし、4連勝もらった!
と巻いていたら、急にテンションがなくなってしまった。
ワームを見ると尻尾がかじられて無くなっていやがる、くそ~。

その後30分ほど同じ場所で粘るが何もなし。
ここは勇気の決断で場所移動。
歩いていると、ヒラヒラを持って帰ってくるアングラーが。
遠くでは竿をしならせているのが見える。
この時間になって少し活性があがったか。

200mほど歩き2人いたアングラーの横でキャスト開始。
9時頃。またグググとあたりが。
よし、今度こそ。
フッキングをかましてぐいぐい寄せて汀線まであと一歩というところ。
テンションが~
くそ~、またやっちまった。
ワームはボロボロじゃ。

どうも今日はワームがついていないようなので
ミノーに取り替え。
10投ほどしたとき、今度は竿をガツガツンと叩くようなあたり。
よ~し、きたきたきたきた北の海!
焦らず慎重に波に乗せながら引き寄せランディングに成功!
待ちに待ったヒラヒラ君!
Dsc_0578


















その後2匹目狙いで30分ほど投げたが、
さすがに疲れたので今回はこれで終了。

あとで計ってみると
Dress_11062016_104233












諦めかけていたけど
粘って大正解。
朝方は全然ダメだったが潮の関係かな。

しかし、これでびっくりぽんの4連勝!
ここで終わらせてはもったいない。
次回も、なにがなんでも5連勝を目指しますよ~
なんか、へ~んなプレッシャーが(笑)

2013年2月 2日 (土)

背負子つくり

2月2日土曜日
残念ながら2週続けての悪天候。
今週も自宅待機・・・
そこで、かめやまこさんやrickeyさん、門番さんが
作っているオリジナル背負子に挑戦することに。
材料は、390円の洗濯用のカゴ、滑止めゴム、
背負ベルト(以前使っていたパイプ用背負子に付いていたもの)
自転車カゴ用のゴムネットと固定用インシュロック。
Dsc_0238









Dsc_0239









Dsc_0243









滑止めは、ドリルでガーと穴を開けて
ステンレスM4ビスで固定。
それと水抜き穴を適当にあける。
Dsc_0247









次に、ベルトを通す穴をあけてベルトを通す。
左右ベルトのずれ止めも付いていて体にフィット。
Dsc_0248









背中とのクッションもこのようにつける。
Dsc_0252









最後にネットを正面と横に取り付け。
固定はインシュロック。
Dsc_0254









中にゴムすのこを底に合わせて切り取って敷く。
Dsc_0244









出来上がりは、こんな感じ。
Dsc_0256









あとは、竿たてを追加予定。

明日は日曜日。
天気も良さそうだし
オリジナル背負子をしょって
昼間だけ両軸の練習に行こうか。

2010年3月 7日 (日)

メンテナンスデー

週末2週連続でうちでゴロゴロ。
天候や地震には敵いません。
自然の偉大さに打ちのめされております。

あまりにも暇なので道具のメンテを少々。
まずは電池の接触が悪かったマイデンウキの改良から。
Imgp0773  
画面では見にくいですが
1.電池との接触がしっかりとれるようにLEDの-側の線を長めにした
2.+と-の絶縁が確実になるように差込用のゴムを+線より長めにした
すると
Imgp0777  
なかなか良い感じに仕上がりました。
黄色と赤色はとても明るいです。

あとのメンテは
リールのライン替えとカゴの作製と補強とウキの改良と
竿のインナーの清掃と・・・

フー

来週末の天気は、もちろん晴ですよねー

2009年11月23日 (月)

かご小補強

先週に引き続き
今週もいろいろと用事があり休漁でした。

ということで何も報告がありませんので
以前からアップしようと思っていた
「かご」について少々。

と言ってもぜんぜん大したことではありません。
市販品をほんのちょっと補強しているだけです。
しかし、この補強でかなり長持ちしますよ。

下の写真がいつも使っているピンクかご。
色仕掛けの命名はここからきている。
なんてことは、どうでもよろし。
コマセを入れる開閉部(蝶番)を
番線(SUS#18~20)で巻いてあげるだけOK。
こんな感じ。
Imgp0610












次の写真は、錘内蔵型。Imgp0612














3号の丸錘を同じくSUS番線で
固定する。コマセ口を開けると
こんな感じ。
Imgp0613












番線の端は後で丸めておきましょう。
錘は、ウキに合わせて何号でもOKですので、それぞれ合わせて作って下さい。

こんなんで補強になるかと思うかもしれませんが、実際かなり長持ちして使っています。
ただ、岸壁やテトラやぶつけると もちろんアウトですけど。

PS.
左下にある国盗りカウンターが真っ赤になりました。
戦国武将よろしく、天下統一したようです。

2009年2月15日 (日)

マイデンウキ最終形か

今週は時化のため出漁断念。
以前から気になっていたマイデンウキの再改良をすることに。

まずは下の写真から。
今まで使っていたΦ3マイデンウキだ。
Imgp0116










次の写真はtoto&kakaさんのアドバイスで
あるものを入れて少し改良したΦ5マイデンウキ。
Imgp0115










比較しやすいように並べてみると

Imgp0118










違いが分かっていただけると思う。
入れ替えて並べてみる。
Imgp0119










とにかく明るい。
恐らくこれが最終形だろう。
次回はコイツを差して爆釣だー!

toto&kakaさん、アドバイスありがとうございました。
めっちゃ、明るくなりました。



全然関係ありませんが。
うちで飼っているウサギ、名前はモモ。
Imgp0109











ふー太君ばりに立ち上がって
ネコ警戒中。
Imgp0108













ついで、
春ももうすぐそこまで来ているようですね。
ブログの背景も春バージョンに、
今探し中です。



..

2009年2月 1日 (日)

防水カバーに拡散キャップ

2月1日、日曜日。
良い天気なんだが・・・
大時化のため出漁取りやめで
くすぶっております。

さて、今週は以前から改良しようと
思っていたマイデンウキの防水カバーと
拡散キャップについて少々。

これまで使っていたのがこれ。
Imgp0100








LEDに直接拡散キャップを取り付けいる。
防水カバーに入れ点灯させると
Imgp0099







φ3なので光源が小さい。
そこで、防水カバーの先端にφ5用の
拡散キャップを取り付けてみた。
こんな感じだ。
Imgp0102








点灯させてみると
Imgp0097







φ5用なので光る面が大きくなった。
ふたつ並べてみると
Imgp0096







左が防水カバーにφ5を取り付けたものだ。

写真では分かりづらいが、防水カバーに取り付けたものは
面が大きくなり見やすくなった。

次回の釣行で試してみることにしよう!

2008年11月30日 (日)

マイデンウキφ3を作ろう!

ここのところ、いろいろありまして釣りにも行けず悶々とした日々を過ごしております。
原因は天気だけではありません。
この最悪な景気も一因です・・・

気分転換に
 マイデンウキφ3を作ろう!
口で言うより写真で
まずは材料から。
Photo















絶縁スリーブ(メス)は最後に被せる蓋。上も空いているので接着剤で塞いでしまう。
Photo_5















絶縁スリーブ(オス)は電池を納めるのに使用。
Photo_3















袋から取り出し全部並べてみる。
上から絶縁スリーブ(メス)(オス)
LED3mm用拡散キャップ
LED3mm オレンジ
電池435
ゴムホース
φ50ケミの外側
Photo_4















順番に組み立ててみよう。
まずはLED
11















LEDの短い方を下のように切る
12















切った方にゴムホース被せる。ゴムホースの長さは電池の先が入るくらい。
13















先っぽを折り曲げて固定。
14















ここで絶縁スリーブ(オス)セット。
15















こんな感じ。
16















LEDの長い方を切って絶縁スリーブ(オス)に固定する
17















18















固定ができたら電池を差し込んでみる。
19















うん、良い感じ。これに拡散キャップを取り付けると
21















光が丸くなっているのが分かる。
次はケミ50の切ったもの中に入れる。
22















あとは、防水用の蓋。
で絶縁スリーブ(メス)の登場だ。
23















左側が上になるので、接着剤で塞いでしまう。
ケミ50をこれに差し込むと
24















これで防水もバッチシ!
ウキに差し込むと
25















短い電池を使うとケミも小さくて済む。
26















こんな感じでもつかえる。
27















上出来上出来
なんだけど・・・
ちっとも気分転換にならない。
やっぱり海に行かねば。

はて、来週はいけるかな。



..............

2008年10月 5日 (日)

自作サビキ

今週は所用のため釣りは休み。
その所用と釣りとどちらが大事か。
個人的には釣りなのだが世間一般ではそうはいかないようだ。

そこで今週は自作サビキの続き。
前回作ったピンクスキンサビキ、
先週試してみて何匹かは食い付いてきたのだがどうもイマイチ。

そこでこんどは魚皮サビキを作ってみた。
P1010001















上が魚皮サビキ。
左上から ハリス1.5号、アジ針7号の2本針
中     ハリス1.5号、アジ針8号の2本針
右     ハリス2号、アジ針8号の2本針            
P1010005















P1010004















不器用な私にしては、かなりの完成度!
(実は自動糸結び機を使いました)
来週はこれで爆釣間違いなし!
って、上手くいけばいいんですが。

おまけ
下二つは左がピンクスキン、右が蛍光スキン。
P1010002















P1010003



















................

より以前の記事一覧