フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

潮位表

無料ブログはココログ

釣り

2018年2月 4日 (日)

南房サーフで久しぶりの釣果

2月4日

昨年末から絶不調でまともな釣果なし。
おまけに風邪をこじらし
週末は寝てばかりだったが
久しぶりに釣りに行ってきた。

場所は南房某サーフ
Dsc_17342














日の出前にサーフに立つと
波がけっこうあるが投げるのには問題なし。
濁りが少し気になるが、まあ大丈夫だろう。
この広いサーフに釣り人は10人ほど。
場所は選び放題じゃ。
6時過ぎからキャスト開始。
だんだん空も明るくなりホットタイムの始まりだ。
とにかく投げる、投げる、投げる・・・

1時間経過。
ベイトの気配が全くない。
鳥もいないし、ましてボイルなんてぜんぜん。
ほかの釣り人たちは、一人、また一人と居なくなる。
こりゃ~いかんな。
完全に弱気モードになって
帰りの時間を考え出す。
しかし、せっかく久しぶりにきたので
とりあえず8時までやることに決めて
だらだらと投げ続ける。

ルーチンワークのように繰り返し投げ
ふと時計を見るとすでに8時をまわっている。
これでラストと言いながら数回投げたところ、
着水後糸ふけを取って巻き上げた瞬間、
ゴンゴンゴン、と竿をたたくあたりが。
おーし、きたきたきたきたああああーーー
波を見ながら慎重に手前に引き寄せると
うん、なんじゃ、平じゃなく長いじゃないですか。
まあ、釣れればなんでも良しなんで
最後は波に乗せてランディング。すると
Dsc_17362














60cm弱のマゴチでした。
もう今日はボウズと思っていたので
うれしさ一入ですよ。
久しぶりに魚を釣って気分が良くなり
2匹目を目指そうとしたら
水を差すように雨がポロポロ
う~ん、もう少し投げようかと思っていたが
冬の雨はきついのでこれにて納竿とすることにした。

さて、今回はもちろんターゲットはヒラメだったわけだが
なかなか上手くいかない。
来週は3連休があるのでなんとかしたいものです。

2017年11月19日 (日)

ころんでもただじゃおきないの巻

11月19日 日曜日

午前6時南房某サーフに立つと
風はそれほどでもないのだが波が高い。
でもまあこれくらいなら何とかなりそうである。
それはともかく、見渡すと釣り人が一人も居ない。
ムムム、これはまさか・・・やっちまったかな。
今シーズンのサーフ開幕戦のつもりで来たのだが。
Dsc_1631















せっかくきたのでとりあえずやってみる。
こんな広いサーフを独り占めだ。
川の流れこみ付近から始めて、好き放題にランガン。
しかし、移動し過ぎてすぐ疲れてしまう。
人がいないのも善し悪しだな。
8時、ランガンにくたびれ果て、あえなくずっこけ撃沈。
むなしいLINEを釣師会に打って撤収じゃ(ノ_-。)

そそくさと片付け車に乗り込み北上。
連絡を取り合っていたブルーボルボさんにお会いして
アジをいっぱいいただいた。
いつも本当にありがとうございます。
Dsc_1634














これで大手を振ってサーフに突撃できます(*^-^)

10時過ぎ、外房某サーフに降り立ち第二ラウンドへ。
ここも結構波が高い。
そしてここも釣り人はいない。
いや~な予感・・・
Dsc_16462














ここも誰もいないので好き放題にランガン。
ただ大きな波がくるとミノーが流されてしまうので
合間を見計らって投げを繰り返す。

30分ほどやっていると
コンコンコンと生体反応があり、グッをあわせてやると竿がしなり
ゴンゴン叩いてくる。
おー、これは間違いなくターゲットのヒラメじゃ。
引きが弱いのでさほど大きくなさそうだが
慎重にランディングさせてやる。
すると
Dsc_1638














久々のご対面。
サイズは40cm弱と今一だが
今シーズン初戦の一枚目なので
思わずガッツポーズ(o^-^o)

第一ラウンド見事にずっこけ
第二ラウンドも半分あきらめていたんだが、
いや~ラッキー、やって良かった(嬉

ずっこけてもただじゃあ起きません(@Д@;
なんて!

気分を良くして2枚目を目指すが
12時、さすがにくたびれてこれにて終了。
釣ったヒラメは海水を入れたビニール袋に入れて
活魚のままお持ち帰り。
Dsc_1652














さてさて、今晩のお茶けは
さぞ美味しいことでしょう。
次回はサイズアップ目指してやりますよ~

2017年10月 9日 (月)

南房夜磯第3戦(復帰戦)

10月8日
体調も良くなり待ちに待った復帰第1戦は
海風が心地よい南房某磯での夜釣り。
ここは今回で今年3回目になるが釣果はいまいち。
今回こそ爆りたいところだ。

今週末は3連休だったが、初日が雨だったので中日は混雑必須だろう。
そのため早めの出発で昼にはいつもの磯に到着。
ところが釣り人はポツポツで、難なくいつもの場所をキープできた。
Dsc_14412



















今日は天気も良く潮風が最高。
やっぱり海はいい!
夕方まで時間はたっぷりあるので、ぼーと時間を過ごす。
病床で思っていた至福のひとときだ。

そして今日はボルボさんも参戦決定。二人とも爆釣となれば良いのだが・・・

さらに今回は新タックルの筆おろし。
竿はG社4-53ベイト。リールはAbu6501(左ハンドル)
まずはそろり投げてみる。
ブレーキは強めにセットしておいたが滑らかにラインが出て行く。
竿もバッドに粘りがあって気持ちよく振りぬける。
なかなか良い。1軍決定だ。

夕方。ちょっとだけ別タックルでイナワラを狙ったがまったく気配なし。
早々にあきらめ。

うす暗くなり本番スタート。
日が落ちてそろそろかと思っているとボルボさんにヒット。
けっこう竿が曲がっているのでサイズが良さそうと期待してると
あがってきたのは尺サイズのアイゴでした。
その後ひたすら投げるが二人ともまったくあたり無し。
8時過ぎ、やっと自分のウキが沈んだが
新タックル入魂は尺オーバーのメジナでした。
けっこう重くて夏魚だったらジャンボかと期待したんだが。

その後はまったくあたりなく、周りもあがっている様子はない。
21時、ボルボさん撤収。
自分は23時まで粘ったが、ひたすらコマセを撒くのみ。
最後は竿の継ぎ目が緩んだまま投げてしまい修復不能の大バックラ。
さすがに心も折れてこれにて撤収とあいなりました。

今回の復帰戦、クーラー満タンのつもりだったんだが・・・
あまくありませんなあ~
Dsc_1444




















虎の子の一匹。

さてさて次回は・・・作戦練り直しだ。

2017年6月25日 (日)

南房夜磯第2戦

6月24日

先週逃がしたUMAの正体を暴くというなんとも無謀なミッションをひっさげ
先週に続いて南房某磯に出撃。

15時過ぎに磯に入ると・・・釣り師がいっぱい
ここは釣堀か~
残念ながら先週の場所には先釣者がいる。
見渡すと竿を出せるのは1箇所しかなし。
手前に浅瀬があって少し釣りづらいが
今夜は潮が高いのでなんとかなるだろう。
両サイドの先釣者に断ってなんとか入ることができた。
Dsc_12822



















ちゃらん棒を打ってとりあえず一服。
暗くなるのが19時過ぎなのでまだ時間はたっぷりある。
それまでのんびりタックルの準備だ。
今日の竿はブルズアイ4-520SP仕様をチョイス。
去年仕入れたのだがなかなか出番がなくて今回初使用。
いい結果になれば良いのだが。
リールはツインパSW6000。仕掛けは一発カゴ15号。

19時。晩飯も食ってやる気モード120%でスタート。
おりゃ~と第一投、仕掛けが気持ちよく飛んで行く。
着水地点は・・・あれ、両軸とあまり変わらない気が・・・
ウキが立ち仕掛けがなじんだら竿をしゃくってコマセを放出。
今日は右からの潮が速く、あっという間に流されて行く。
少し流れがきつ過ぎ・・・いやな予感が・・・

予感は当たりたくないときに当たると言うが・・・
当たるのである。例外はないらしい(´Д⊂グスン
投げども投げどもいっこうにあたりなし。
21時頃、くたびれたので休みながら両隣に様子を聞くと状況は同じで
まったくあたりがないらしい。

22時過ぎ、へこんでいるところへ追い打ちをかけるように小雨が降ってくる。
すると両隣はギブアップ、片付けてお帰りに。

自分もかなり心が折れていたが
潮変わりの24時まで粘ってみることに。
これが良かったのだ。

23時前、少し潮が緩くなりはじめる。
投げ続けたポイントから流しているとウキがすっと消えた。
うん?海藻でも引っかかったか?
とりあえず少し様子を見ているとウキはあがってこない。
???喰ったか?
半信半疑で竿をたて巻き上げると、ずしっとした重みが。
???あまり暴れないが重い、なんじゃ?UMAか!
かなり重みがあったが今回のタックルでは問題なく寄せられる。
手前の浅瀬まで寄せると急に走り始める、
おおおおおお~
ここが勝負と一気に磯へずり上げるが、これがまたたいへん。
とりあえず波打ち際までずりあげると、間違いなく魚!
ヘッドライトを照らすと黒光、ピカッ!
なんと、クロちゃんじゃありませんか。
と見ていると波で持っていかれそうに、まずいー
あわててもう一段ずり上げ、下までおりて素手でキャッチ!
うっしゃー
Dsc_1296


















やったねfishヽ(´▽`)/
さあ、次、次!
鼻の穴を広げて2匹目のどじょうだあ。

しかし、小雨がだんだん強くなってくると
さすがにテンションが落ちてくる。
投げてもあたりも無く、立ち続けて疲労困ぱい。
潮止まりの24時となったのでこれにて撤収することにした。

今回は19時から5時間やったが
あたりがあったのは1回のみ。
その1回を仕留めることができて、いや~ほんと良かった。

ところで、先週逃がしたあいつ。
こいつがUMAの正体だったかも。

それと去年この時期、夏魚が好調だったが今年はさっぱり。
シモピーによると水温上昇が1ヶ月ほど遅れているそうな。

釣果 クロダイ 48cm 1匹
実釣 19時~24時
ヒット 22時45分頃

2017年6月20日 (火)

南房夜磯初戦

6月17日

前回マゴチを釣ってからその後はまたまた絶不調。
某サーフに行けどもワームにこんなのがひっかる始末。
Dsc_1261_2


















何をやってもうまくいかず、今年のヒラヒラはもうあきらめだな。
そんなことで今回は一年ぶりの南房夜磯に突入。
久しぶりの両軸遠投だ。

夕方から某磯に入りまずは投げ練。
最初はブレーキぎっちぎちにして恐る恐る投げてみる。
慣れてきたら緩めてエイヤー
するとお約束のバックラ。
う~ん、あいかわらず難しいなあ
まあ、バックラ直しはだけは上手なのですぐ元通りに。
その後、暗くなるまでコマセを撒き撒き。
暗くなった7時半頃から本番開始だ。
しかし、今年の絶不調はあいかわらず健在。
まったくあたりがない。
2時間ほどむなしく投げていたら、やっとウキがスパッと消えた。
よ~し、きた~
意外と巻きおもりがあってある程度の大きさを感じていると
上がってきたのは尺オーバーの夏魚さん。
Dsc_1274


















やっと1匹確保。
さあ、次と再開すると、なんとまたまたウキが沈んだ。
素早くぐぐぐと巻いて竿をたてると、今度はなんとむちゃくちゃ重い。
こ、これはいったい何・・・UMA・・・
ハリスは6号なので少しくらいは無茶がきく。
それでも時間をかけながらなんとか近くまで寄せて
あと一息というところ・・・
テンションがスーーーーーー
ガビーン、すっぽ抜けじゃあ

その後は、久しぶりの静寂な夜磯を堪能しましたよ。はい。
くそー、いったいなんだったんだーあいつは。

12時。まったくあたりがなく、潮も動かなくなったのでこれにて納竿。
今年の南房夜磯初戦は残念ながら虎の子のイサキ一匹のみでした。

次回は外房アジにしようかと思っていたのだげど
釣友から激渋報告が・・・

次回はUMAの正体を暴くとしますか!

2017年5月 4日 (木)

南房サーフで連戦

5月3日

久しぶりに南房サーフへ出撃。
朝5時。
既にサーフは強者アングラーがいっぱい。
近況はわからないが、この盛況ぶりからして期待大?
Dsc_1210br



















しかし、投げども投げどもまったく反応なし。
周りも見える範囲では竿は曲がっていない。
すると2時間ほど経ったとき、お隣さんのロッドにあたりが♪
Dsc_1212br


















しとめたのは、な、なんと、座布団70オーバー。
なんとも羨ましい。
これで周りのアングラーもスイットオン!
みんな必死こいて投げる、投げる、投げまくる・・・
しかし、その後はだれの竿も曲がらず、しょぼしょぼ自然解散。

帰宅後、大座布団が頭の中を占領。
こりゃあ、明日も行くしかないっしょ!

5月4日

性懲りもなく、翌日も早朝からサーフに仁王立ち(`ε´)
30分ほど投げていたら、いきなりゴン。
慎重に波に乗せながら引きずりあげると、
Dsc_1216


















50オーバーのマゴチがヒット。
座布団ではないが、これはこれでうれしい一匹。
その後1時間ほど粘るもノーヒット。
周りでは、一人座布団をあげていたが
見える範囲ではそれだけで、昨年のような勢いはない。

帰宅後、測ってみると55cmヽ(´▽`)/
Dsc_1218


















連ちゃん出撃で、やっとの一匹。
2日連続で滑らなくてよかったです、ハイ(o^-^o)

次回釣行は、6月になりそう。
そろそろ夜磯の季節ですかね~

2017年3月 5日 (日)

今年の初釣果

3月4日土曜日。

体調も良くなり2月から釣りを再開。
しかし1か月間まったく釣れない、なさけないノーフィッシュ。
ていうか、今年まだ1匹も魚を釣っていない。
いま釣れているカマスも良いが
混んでいるのでどうも足が進まない。
やはり広いところでのびのびやりたい。
結局、ギャンブル性の高いサーフになっちゃうんですよ。
釣れなくて当然ということです、はい。

今回やってきたのは南房の某サーフ。
なにやらでっかい青物も徘徊しているとの噂もあるとか。

うっすらと明るくなった5時半頃サーフにおりてスタート。
アングラーは私を入れて10人ほど。
皆さん気合い入ってそうだ。
しかし、完全に明るくなっても一向に気配がない。
7時頃になると諦めて数人がお帰りに。
こっちは遠征して来ているので、そう簡単に諦めるわけにはいかない。
今年まだノーフィッシュだし。

粘って投げていたらお隣さんのロッドが曲がり
見ていると上がってきたのは良いサイズのすずき君。
いいな~と思いながら投げていると
自分のロッドにもコツコツと生体反応が。
すかさず合わせるとロッドがきれいな円弧を描き
ゴツゴツと気持ちの良い引き具合。
ヒラメを期待していたのだが、
上がってきたのはこちらも60弱のすずき君でした。
Dsc_1087













それでも今年1匹目が釣れてよかった。ホッ!
さあ、2匹目と思い再開するもサーフは沈黙。
たまにカモメが上空を旋回して海に降りてくるが
休んでいるだけでベイトは居ないようだ。
始めてから4時間経過、さすがにくたびれて
9時半過ぎに納竿としました。

帰り道、国道沿いのあちこちの鮮魚店で
セグロイワシありますの看板が。
天日干しもいっぱい。
そして外房のあちこちの港では
アジが釣れ始めたとのこと。
もう3月、ベイトが寄ってくれば面白いことが起こりそうです。

2017年1月19日 (木)

伊江島釣行写真

沖縄にいたとき(2014~15)の「伊江島」での釣行写真を
MovieCreator(スマホの無料アプリ、写真は40枚まで)
で作ってみました。

いや~伊江島は楽しかったな~
最高の景色でタマンも釣れて。
今年は弾丸ツアーをたくらもうかな!

釣り場の風景
Dsc_0796













Dsc_0817

2016年10月30日 (日)

南房サーフスズキ

10月30日

前日23時に南房に入り朝まで一休み。
今回の狙いは、気温も下がりそろそろ浅瀬に寄ってくる
平べったいやつ。

朝5時。
外は昨夜から小雨が降り続いているが大したことはない。
ここまで来て帰るわけいかんでしょ。
Dsc_0873






















Dsc_08712



















まだ薄暗い5時半、
サーフに降りると最近よっぽど釣れていないのか、
この大きなフィールドにたった3人しかいない。
ちょっとまずい雰囲気・・・

波は少し高いが、周期が長いので穏やかになる合間を狙って
離岸流付近を攻めていく。

1時間ほど投げたころ、小さなコツコツとしたあたりが。
軽く合わせてひょいひょいとあげると
自分の体の半分ほどのルアーにセイゴがくっ付いていた。
食欲旺盛なのは良いのだがこれはお帰りに。

その後あたりが無く、疲れてきたのでヘロヘロ巻いていると
さっきとは違いガツンと大きなあたりが。
すぐさま合わせて強引に巻き上げる。
ヒラヒラにしては暴れると思っていると
あがってきたのは60cm弱の鱸だ。
本命ではないが、これはこれで嬉しい一匹なのでキープ。

もう一匹追加を目論み、へろへろ攻撃をしていると
ガツンとヒット。
今度は竿を引っ張って行かれるような感じで暴れるが
これも強引に巻き上げ、波に合わせてランディング。
今度は60オーバーで良型だ。
2匹も釣れれば十分なので、7時半に納竿とした。
Dsc_0868



















久々の鱸君、引きも良くて楽しかったです。
さて本命のヒラヒラはというとまったく気配はなくて
周りも釣れていなかった。
そのかわり青物があがっていた。
海水温もまだ高く、本命はまだちょっと時期が早いのかも。
さて次回は・・・UMAかな~

2016年10月16日 (日)

南房イサキその7とサーフ釣査

10月15日

今回は夜磯でサクッとイサキを釣って
翌朝ビーチでヒラメ狙いというまったくもってふとどきなプラン。
二兎を追うものは何とかというが
そろそろビーチヒラメも気になるところだ。
さて結果は・・・

17時いつもの磯でスタート。
Dsc_08542



















数投してウキが見にくくなりLEDを点ける。
コマセが効き始めたころガツンとときた。
Dsc_0856



















幸先よく良型イサキがヒット。
これでとりあえずミッション半分達成。
なのだが、1匹釣ったあとさっぱりあたりが無い。
小一時間まったくウキが沈まない。
う~ん、どうしたろうかどうしたろうか(LIFEファンなもので)
今夜は大潮、満月が煌々と輝いている。
ここで、どうしたろうかしゃんはある事を。
すると、フリーにしていたラインがするすると出て行く。
ウキが完全に沈んだのを確認した後ロックしぐぐぐと巻き上げる。
すると竿が円弧にしなりずっしりと重みを増す。
そこからは一定のリズムで着実に手前へ寄せて、
最後はずっしり重い物体を一気に引き抜く。
すると
Dsc_0858


















43cmのBIGイサキ。
陸サイズとしては、船釣りのジャンボ相当だろう。

その後も渋いながらも追釣し、23時に夜磯の部は終了。
夏場はウリ坊だらけだったが今上がってくるのはみんな大きくなってましたね。
Dsc_0865



















ほとんど尺超えで40cmオーバーも。
コンプリート!

鼻歌を歌いながら翌朝の第二部のサーフへ移動する。

5時半。夜明けとともに行動開始。
サーフに出ると既にたくさんのアングラーが竿を振っている。
これだけ居るということは、うん?期待大か。
Dsc_08612






















Dsc_08622



















波が高く離岸流がはっきりしないが
それらしい場所でスタート。
投げてみると、波で海藻が舞い上がっていて毎回ルアーに絡まってくる。
根気よく海藻を取りながら続けるがあたりがない。
周りをみると皆さん同じようで見える範囲で竿が曲がっている人はいないようだ。
7時になると一人二人と諦めて帰っていく。
気がつくとあれだけいたアングラーは半分以下に。
自分も粘ってはいたが昨夜の疲労があってここで断念。
結局第二部のミッションは完ボの大失敗。
ということで今回は一勝一敗のタイ。

今回はサーフが気になって行ってみたが
ヒラヒラはまだ早かったようで
海水温がもう少し下がってからチャレンジすることにしよう。

より以前の記事一覧