フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮位表

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月25日 (日)

南房夜磯第2戦

6月24日

先週逃がしたUMAの正体を暴くというなんとも無謀なミッションをひっさげ
先週に続いて南房某磯に出撃。

15時過ぎに磯に入ると・・・釣り師がいっぱい
ここは釣堀か~
残念ながら先週の場所には先釣者がいる。
見渡すと竿を出せるのは1箇所しかなし。
手前に浅瀬があって少し釣りづらいが
今夜は潮が高いのでなんとかなるだろう。
両サイドの先釣者に断ってなんとか入ることができた。
Dsc_12822



















ちゃらん棒を打ってとりあえず一服。
暗くなるのが19時過ぎなのでまだ時間はたっぷりある。
それまでのんびりタックルの準備だ。
今日の竿はブルズアイ4-520SP仕様をチョイス。
去年仕入れたのだがなかなか出番がなくて今回初使用。
いい結果になれば良いのだが。
リールはツインパSW6000。仕掛けは一発カゴ15号。

19時。晩飯も食ってやる気モード120%でスタート。
おりゃ~と第一投、仕掛けが気持ちよく飛んで行く。
着水地点は・・・あれ、両軸とあまり変わらない気が・・・
ウキが立ち仕掛けがなじんだら竿をしゃくってコマセを放出。
今日は右からの潮が速く、あっという間に流されて行く。
少し流れがきつ過ぎ・・・いやな予感が・・・

予感は当たりたくないときに当たると言うが・・・
当たるのである。例外はないらしい(´Д⊂グスン
投げども投げどもいっこうにあたりなし。
21時頃、くたびれたので休みながら両隣に様子を聞くと状況は同じで
まったくあたりがないらしい。

22時過ぎ、へこんでいるところへ追い打ちをかけるように小雨が降ってくる。
すると両隣はギブアップ、片付けてお帰りに。

自分もかなり心が折れていたが
潮変わりの24時まで粘ってみることに。
これが良かったのだ。

23時前、少し潮が緩くなりはじめる。
投げ続けたポイントから流しているとウキがすっと消えた。
うん?海藻でも引っかかったか?
とりあえず少し様子を見ているとウキはあがってこない。
???喰ったか?
半信半疑で竿をたて巻き上げると、ずしっとした重みが。
???あまり暴れないが重い、なんじゃ?UMAか!
かなり重みがあったが今回のタックルでは問題なく寄せられる。
手前の浅瀬まで寄せると急に走り始める、
おおおおおお~
ここが勝負と一気に磯へずり上げるが、これがまたたいへん。
とりあえず波打ち際までずりあげると、間違いなく魚!
ヘッドライトを照らすと黒光、ピカッ!
なんと、クロちゃんじゃありませんか。
と見ていると波で持っていかれそうに、まずいー
あわててもう一段ずり上げ、下までおりて素手でキャッチ!
うっしゃー
Dsc_1296


















やったねfishヽ(´▽`)/
さあ、次、次!
鼻の穴を広げて2匹目のどじょうだあ。

しかし、小雨がだんだん強くなってくると
さすがにテンションが落ちてくる。
投げてもあたりも無く、立ち続けて疲労困ぱい。
潮止まりの24時となったのでこれにて撤収することにした。

今回は19時から5時間やったが
あたりがあったのは1回のみ。
その1回を仕留めることができて、いや~ほんと良かった。

ところで、先週逃がしたあいつ。
こいつがUMAの正体だったかも。

それと去年この時期、夏魚が好調だったが今年はさっぱり。
シモピーによると水温上昇が1ヶ月ほど遅れているそうな。

釣果 クロダイ 48cm 1匹
実釣 19時~24時
ヒット 22時45分頃

2017年6月20日 (火)

南房夜磯初戦

6月17日

前回マゴチを釣ってからその後はまたまた絶不調。
某サーフに行けどもワームにこんなのがひっかる始末。
Dsc_1261_2


















何をやってもうまくいかず、今年のヒラヒラはもうあきらめだな。
そんなことで今回は一年ぶりの南房夜磯に突入。
久しぶりの両軸遠投だ。

夕方から某磯に入りまずは投げ練。
最初はブレーキぎっちぎちにして恐る恐る投げてみる。
慣れてきたら緩めてエイヤー
するとお約束のバックラ。
う~ん、あいかわらず難しいなあ
まあ、バックラ直しはだけは上手なのですぐ元通りに。
その後、暗くなるまでコマセを撒き撒き。
暗くなった7時半頃から本番開始だ。
しかし、今年の絶不調はあいかわらず健在。
まったくあたりがない。
2時間ほどむなしく投げていたら、やっとウキがスパッと消えた。
よ~し、きた~
意外と巻きおもりがあってある程度の大きさを感じていると
上がってきたのは尺オーバーの夏魚さん。
Dsc_1274


















やっと1匹確保。
さあ、次と再開すると、なんとまたまたウキが沈んだ。
素早くぐぐぐと巻いて竿をたてると、今度はなんとむちゃくちゃ重い。
こ、これはいったい何・・・UMA・・・
ハリスは6号なので少しくらいは無茶がきく。
それでも時間をかけながらなんとか近くまで寄せて
あと一息というところ・・・
テンションがスーーーーーー
ガビーン、すっぽ抜けじゃあ

その後は、久しぶりの静寂な夜磯を堪能しましたよ。はい。
くそー、いったいなんだったんだーあいつは。

12時。まったくあたりがなく、潮も動かなくなったのでこれにて納竿。
今年の南房夜磯初戦は残念ながら虎の子のイサキ一匹のみでした。

次回は外房アジにしようかと思っていたのだげど
釣友から激渋報告が・・・

次回はUMAの正体を暴くとしますか!

« 2017年5月 | トップページ