フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

潮位表

無料ブログはココログ

« 絶不調です | トップページ | ラストチャンスでタマン »

2016年3月14日 (月)

4度目の格闘

釣りとは・・・
最近ボウズが当たり前になってしまい
いったい何をしているんだろうと自問自答の今日このごろ。
沖縄での生活も残すところあと3週間。
こちらにいるうちに、はたしてエンドレスボウズは終わるのだろうか・・・

てなことを思ってはいるものの、
ふん、ボウズ上等!
絶対UMAを仕留めちゃる!
まあ、完全に逝っているというかアホというか
あのファイトは忘れることはありませんよ。
12号ラインを3回もぶった切られ
めちゃくちゃくやしい思いをしてますんで。
いざ、伊江島へ。

今回も同僚Nさんと一緒。
待ち合わせは本島本部のフェリーに乗り場。
Dsc_0132

















15時発のフェリーに乗り込み出陣じゃ!
30分後到着した伊江港はこんな感じ。港の南側(下)はリーフが広がっていてる。
Port18__3_2






今回自分が選んだ釣り場所は伊江港の岸壁。
東西に航路が伸び外港と通じているので潮通しの良い場所だ。
また車を横付けできるので楽ちん、夜の寒さ対策にもうってつけである。
それとこの墨跡、むふふ♪ちょっと遊べます!
Dsc_0125


















さっそく準備にとりかかりスタートは17時頃。
ぶっ込んだあとは暇なので、エギを取り出してクイ、クイ、
30分ほどしゃくってみるも、まあ、そんなあまくはないようでまったく反応無し。

本命のほうもまったくあたりなし。
1時間後回収すると、エサがきれいに無くなってる。
雑魚はいるようなので、そのうちデカイのがくるかも、期待大だ。

しかし・・・
いつものように時間だけが経過。
20時ころ、別の場所でやっているNさんに連絡を入れて見るもそっちもノーチリン。
今日も修行の一日かと思い、麦泡をちびり。

21時ころ、ちょいと用を足していると
何やら竿先がちょこちょこ動いてる。
たまにはドーンと食ってみろ!
と竿に向かってほざいていたら・・・
ほんとにドーンときて
センサーのピーピーピーピーピーという爆音が
すわ、きたきたきたきたー
半年ぶりにきたー

社会の窓を開けっ放しのまま駆け寄り、
ビトンから竿を抜いて、それファイト開始~
ときばったら、あれ?????、なんだなんだ、えらい軽いやないか。
へんだな思いながらリールを巻いていると
いきなりドカーンときて、あわゆく海に落っこちるところ。
どうやらこちらに向かって走っていたのがいきなり反転したようだ。
ここは踏ん張ってこらえたが、それでもじりじり体を持っていかれる。
今回のラインシステムは、ラインPE8号、リーダー24号、ハリスフロロ24号、タマン針24号。
ガチンコ勝負では、まず負けることはない。
そこで強引に巻こうとすると、10号竿が満月にしなりながら、体が徐々に持って行かれる。
さすがにこれではちょっと無謀なので、少し走らせながら時間をかけることに。
ドラグを緩めるとジーーーーーーーー
50mくらい行ったところで一旦止まったので、ここでごり巻開始。
するとまた体が持っていかれるほど引かれ、竿もまん丸に。
しょうがないので、またジーーーーー

このやり取りの途中、片手でNさんに状況連絡。
頑張れーの言葉をいただいて気合い入れ直し!

30分ほどいったりきたりのやり取りをしていると、もう全身汗だらけ。筋肉はピクピク。
4,50分ほどすると、やっとおとなしくなったのでさらにゴリ巻。
が、これが重いのなんの。
全体重を掛けて持ち上げる感じで、平衡状態から少しずつ上げていく。
ゆっくりだが確実に近づいてくる。

1時間くらい経過したところで海中になにやら物体が見えてきた。
な、な、な、なんじゃこりゃ。
どう見ても魚ではない。
Dsc_0121
















そう、今回のモンスターの正体は、幅がメーターオーバーはありそうな、お化けエイ。
な、なんちゅう顛末だー
ひょっとしてマンタか。
どちらにしても、こんなもの岸壁でしかも一人で取り込むなんてとても無理、
危険きわまりない。
でも上げてみたいなあと思い、ギャフで掛けようとしたら、暖簾に腕押し。
こりゃやっぱ無理だわ、てことでラインを切って無念のおさらば。

しかし、疲れた~
9時頃ファイト始めて終了が10時半。
そりゃー疲れるわ。
でこの顛末でしょ、もうがっくし。

気を取り直し、仕掛けを新しくして再開するも
やっぱり何も事件はおこらず。
6時頃しらじらと明るくなり今回もタマンとは出会えず。

くやしいのでエギで遊んでいたら
グーと引っ張るあたりが。
よ~し、のったあ!
これは軽くキロはあるな~と重いながらほくそ笑んでいると
いきなりテンションがふわ~
あちゃ~抜けたか~
あたった時に少し遊ばせれば良かったのに
すぐに巻いたもんだから足1本しか、掛かっていなかったのだろう。
ほんとヘタこいた~

しかし、まだ近くにいるはずなので
何度も投げてみる・・・

8時タイムリミットで今回はこれでおしまい。
タマンも見られず、アオリンにもフラれ、
見たのは化け物エイ。
こんなファイトはこれで4度目だけど
これはこれで楽しい。
ただ、やっぱし魚がいいなあ~

残り3週間となった沖縄生活。
こちらで釣りに行けるのもあと1、2回。
往生際の悪さは誰にも負けない(笑)
ラストチャンスでタマンかガーラ!

« 絶不調です | トップページ | ラストチャンスでタマン »

釣り」カテゴリの記事

コメント

べっちゃん

お疲れ様でした。
しかし、仕掛けのサイズがメチャクチャ凄いね!
10号竿ですか・・・・・
こちらに帰って来たらもう、釣り出来ないんじゃない?
ラストチャンスの吉報待ってますよ!

 べっちゃん
 10号竿で、1時間半のファイト。そりゃ、ほんとうにお疲れさまでした。外房に戻ってきたら、2~3号竿で感覚を戻さないと釣りを楽しめないのではありませんか(笑)。

>B.サーフさん
陸釣りでこのサイズは竿も仕掛けも最大級かもしれませんね。
3回ラインをいかれているので、やはりこのくらいのサイズが必要です。
さらにGTになるとこれでもつかちょっと不安なんです。
戻ったらまた元に戻しますけど
年に数回は遠征しにきたいですね。
強行日程になると思いますがご一緒にどうですか!
今度お会いした時に飲みながらお誘いします(笑)

>キャロルさん
ファイトは疲れますが面白いですよ~
今回は、竿元を足膝にはさみ、両手で竿をささえるという
新技が自然に出ました。
言葉では表現が難しいいので今度お会いした時に
ポーズをご説明します(笑)
確かに戻ったら物足りなさを感じるかもしれませんが
幅広い釣り方を楽しめるのがいいかなと思っています。

誠に残念でしたね!
僕のホームもドチボ、エイのメーター級は何度も
上げましたが、あの釣った後の疲労感は年寄りには過酷でスよね!

今外房の僕のホームはアジも釣れづ先週の日曜に僕の師匠が
久々にアジが周り、
80センチ級のヒラメ2枚 同じく80センチ級鯛2枚 1キロのタコを
3人で挙げたそうです。ヒラマサは2〜3度はねたそうですが釣れなかったようです。
でも、先週13日は相当寒く出撃しようとはおもいませんでした。
アジよりイワシが多く周っていたそうです。

沖縄の残り少ない時間をタマンと楽しんでください。
千葉に戻ってきましたら、 釣りは、是非ご教授宜しくお願いします。

ブログも早く釣りの関係を増やしたいと思ってますが、簡単に
体験出来る音楽と撮影のことが多くなり
釣りブログらしくしないとの反省しきりです。

>金ちゃんさん
この疲労感は、いまだに筋肉痛として残っています(笑)
戻ったらこちらこそよろしくお願いします。
ヒラメや鯛狙い、ぜひぜひご教授ください。
音楽のことはよく分かりませんがブログ拝見してますよ。
とくにJAZZは聴いていて心地いいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶不調です | トップページ | ラストチャンスでタマン »