フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

潮位表

無料ブログはココログ

« 久米島です | トップページ | 伊江島連戦も大撃沈 »

2015年12月 6日 (日)

クブシミ

平成27年12月5日

今週はアオリ狙い。
金曜21時ころ出発。
風向きを考えて第一ポイントの伊計島に着いたのは23時頃。
車内から釣り場が見えないので近くまで行ってみると
先釣者が5人ほど。
これではちょっと厳しいのでここはあきらめ。

次に向かったのが浜田漁港。
着いたのは午前1時過ぎ。
港内で小魚の跳ねる音が聞こえる。
むむ、これはいけるかも。
すぐにタックルを準備しエギをぶん投げ。
しゃくって、しゃくってしゃくって・・・・1時間
さすがにくたびれて休憩。

午前6時、明るくなるとともに復帰して
しゃくり再開。
1時間・・・だめだこりゃ。

このまま帰るのもくやしいので
次の場所へ移動。
時間はすでに9時過ぎ。
やってきたのは、大宜味村塩谷の北側にある護岸。
今年2月に1.8キロのクブシミを捕獲した場所だ。
Dsc_2185
























Dsc_2187























ここは場所が広くて気分よくできる。
おまけに誰も居ないのでやりたい放題(喜

キャストをはじめ、3~4投して5m横移動を繰り返す。
数回移動したところでエギがサンゴにかかりロスト(泣
0.8号のラインから切れてていたのでリーダーあみなおし。

FGノットでがっつり編んでキャスト再開。
30mほど移動したところでまたもやサンゴに。
またしてもラインからブチッとな(泣
こうもロストすると精神的ダメージがかなり大きい。
体力的にも、昨夜からなのでかなりくたびれモード。

再開してシャクリシャクリを繰り返していると
ロッドにグググと重みがかかりロッドがしなった。
ググ、ググと引っ張ろうとするこの引きは間違いなくイカ。
けっこう重いがなんとか巻けるので
ドラグは緩めずゆっくり引き寄せる。
このまま寄せられるなと思っていると途中でテンションがス~
ガビーーーーン、痛恨のバラシ。
精神的ダメージ倍増(泣
しか~し、ターゲットがいることがわかったので
気を取り直して再開。

30分ほどしゃくっていると
またロッドにグググと重みがかかった。
さっきより引きは弱いが
それでもロッドをしならせる重みがある。
今度こそ慎重に寄せてきて無事にネットイン。
Dsc_2191






















前回に続いての「クブシミ」だ。アオリンではないがこれはこれでうれしい。
時間が数分経って色がだんだん濃くなってきたところ。
Dsc_2194






















いや~粘ってやって良かった。
測ってみると
Dsc_2199_2






















ちょうど1キロほど。もちろん持ち帰りだ。
ヒットエギがこれ。ヤマシタエギ王K3.5号。
Dsc_2218






















スミイカの仲間なので、さばく時はもう真っ黒。
まだ出るのというぐらい墨が出てくる。
かなり苦労したが刺身になりました。
Dsc_2229






















肉厚でモチッとしていて美味しかったですよ。厚み12mm。
Dsc_2216






















さて、次回はタマン退治の予定。
エサもばっちり仕込んで準備万端。
来週が楽しみです。

« 久米島です | トップページ | 伊江島連戦も大撃沈 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

 べっちゃん
 お疲れさまでした。すごいですね、誰もいない釣り場で竿を降り続ける気力に、感動です。私は、釣れない時代が長かったので、誰もいない海を見ると、魚がいそうに思えない体質になってしまいました。

出撃お疲れ様!
アオリンですか?磯では、実は小生もアオリンは何度も挑戦していますが、中々厳しく、代わりにスミイカを釣ったことがあります。
昔船では、アオリンの一キロ以下を仕留めましたが、陸っぱりではありません。

関東では春から徐々に大きくなり初夏には大きなアオリンを是非仕留めたいものです。
僕のホームでもイワシが周り構内に入るとチャンスのようです。
来年はエギを忍ばせてアオリンに挑戦します。

今年は先日で4回めの出撃ですので、釣り納めは是非ヒラヒラ狙いで出撃のチャンスを伺っていますが、何分にも天候不順で出撃出来ず頭を抱えている次第です。

しかしバラした獲物がデカイようで残念でしたね。

やっと仕事も落ち着いてきましたので出撃のチャンスを伺ってみます。

>キャロルさん
この場所は以前来たときに3人ほどエギを投げていました。
今回は誰も居ませんでしたが新しい墨跡があったので
やってみた次第です。
投げ続けたのは、ほとんどしゃくり方の練習です。
大きくしゃくったり、小さくしたり、
1回しゃくり、連続2回、3回・・・
沈降速度の違うエギを投げたり
最後にヒットしたのがこのエギでした。
エギングもなかなか奥が深いです。

>金ちゃんさん
アオリンもクブシミも美味しいので
釣れればどちらでもOKです。
千葉に戻ったら明るいうちにアオリン
暗くなったらアジ釣りのパターンで
やりたいと思っています。
ただ、ランガンは疲れますね~
週末天候が回復すればいいですね。
ヒラヒラ釣果報告待ってます~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久米島です | トップページ | 伊江島連戦も大撃沈 »