フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

潮位表

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月26日 (土)

ファイトシーン

タマン釣りを始めて今年UMAと3回格闘したが
その場面を彷彿させてくれるようなシーンが
YOUTUBEにアップされていると、Nさんが教えてくれた。
ある高校生が必死に格闘しているシーン。



全体重をかけても、体が持っていかれてしまう。
ビーチでこんなファイトが味わえるのだ。
釣り人でこれに嵌らない人はおそらくいないのではないだろうか。
いつか、ファイトに勝利したいものだ、オリャー!

2015年12月21日 (月)

伊江島連戦も大撃沈

先週、先々週とタマン、ガーラ狙いでベテランN氏と伊江島に行ってきましたが・・・

12月12日
いつものビーチ
Dsc_2234

















私の竿のセンサーがピュルピュルピュルと鳴ったがめっちゃ軽い。犯人はこいつ。

Dsc_2236


















ハタ科の仲間、こちらではイシミーバイと言います。あとはいつものグーフー
Dsc_2237

















Nさん、さすが
本命ゲット


Dsc_2240


















そして朝を迎えて



Dsc_2241

















げきちん。




12月19日
夕日を見ながらリベンジ開始・・・
Dsc_2246




















しかし
Dsc_2249


















エサ取り名人イシミーバイ。
がっくし。
Nさんは
Dsc_2247

















オジサン。
魚の名前です。
ひげが生えてるのでこの名前が付いたらしい。
Dsc_2251



















そして朝・・・

疲れがどっとでた釣り。
だけどいいんです。
このすばらしい景色の中で竿を出せるだけで。
Dsc_2253

















戻ったら、もうこれないかも知れません。
今のうちにしっかり目に焼き付けておきたいと思っています。
真っ白なビーチ、どこまでも透明な青い海。
でも、タマンやガーラが釣れたら言うことないんだけど・・・
今年はこれが最後の釣行。
残り3ヶ月、最後まであきらめませんよ!

2015年12月 6日 (日)

クブシミ

平成27年12月5日

今週はアオリ狙い。
金曜21時ころ出発。
風向きを考えて第一ポイントの伊計島に着いたのは23時頃。
車内から釣り場が見えないので近くまで行ってみると
先釣者が5人ほど。
これではちょっと厳しいのでここはあきらめ。

次に向かったのが浜田漁港。
着いたのは午前1時過ぎ。
港内で小魚の跳ねる音が聞こえる。
むむ、これはいけるかも。
すぐにタックルを準備しエギをぶん投げ。
しゃくって、しゃくってしゃくって・・・・1時間
さすがにくたびれて休憩。

午前6時、明るくなるとともに復帰して
しゃくり再開。
1時間・・・だめだこりゃ。

このまま帰るのもくやしいので
次の場所へ移動。
時間はすでに9時過ぎ。
やってきたのは、大宜味村塩谷の北側にある護岸。
今年2月に1.8キロのクブシミを捕獲した場所だ。
Dsc_2185
























Dsc_2187























ここは場所が広くて気分よくできる。
おまけに誰も居ないのでやりたい放題(喜

キャストをはじめ、3~4投して5m横移動を繰り返す。
数回移動したところでエギがサンゴにかかりロスト(泣
0.8号のラインから切れてていたのでリーダーあみなおし。

FGノットでがっつり編んでキャスト再開。
30mほど移動したところでまたもやサンゴに。
またしてもラインからブチッとな(泣
こうもロストすると精神的ダメージがかなり大きい。
体力的にも、昨夜からなのでかなりくたびれモード。

再開してシャクリシャクリを繰り返していると
ロッドにグググと重みがかかりロッドがしなった。
ググ、ググと引っ張ろうとするこの引きは間違いなくイカ。
けっこう重いがなんとか巻けるので
ドラグは緩めずゆっくり引き寄せる。
このまま寄せられるなと思っていると途中でテンションがス~
ガビーーーーン、痛恨のバラシ。
精神的ダメージ倍増(泣
しか~し、ターゲットがいることがわかったので
気を取り直して再開。

30分ほどしゃくっていると
またロッドにグググと重みがかかった。
さっきより引きは弱いが
それでもロッドをしならせる重みがある。
今度こそ慎重に寄せてきて無事にネットイン。
Dsc_2191






















前回に続いての「クブシミ」だ。アオリンではないがこれはこれでうれしい。
時間が数分経って色がだんだん濃くなってきたところ。
Dsc_2194






















いや~粘ってやって良かった。
測ってみると
Dsc_2199_2






















ちょうど1キロほど。もちろん持ち帰りだ。
ヒットエギがこれ。ヤマシタエギ王K3.5号。
Dsc_2218






















スミイカの仲間なので、さばく時はもう真っ黒。
まだ出るのというぐらい墨が出てくる。
かなり苦労したが刺身になりました。
Dsc_2229






















肉厚でモチッとしていて美味しかったですよ。厚み12mm。
Dsc_2216






















さて、次回はタマン退治の予定。
エサもばっちり仕込んで準備万端。
来週が楽しみです。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »