フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮位表

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月 5日 (日)

作戦変更でタチウオ

平成27年4月4日

4月にはいると、そろそろガーラの時季である。
ガーラの中でも3~4Kのオニヒラアジがサビキで釣れる場所が
中城湾の東浜、通称西原マリンタウンだ。
昨年は何も知らず6月半ばにのこのこ出かけたのだが
すでに時季が終わっていて完全丸坊主。
ということで、今年はシーズン突入と同時に出撃なのである。

昼過ぎ、意気揚々と那覇を出発。
30分ほどでマリンタウン街へ。
ここで、地元釣具屋にたちより、ガーラの状況とコマセを購入して
現場に乗りこむ段取りである。

釣具屋に到着しまずはガーラの状況を聞いてみる。
すると、
「今年は遅れてるね~まだあがってないよ」
あらら、ちょっと気合入り過ぎか、
フライングだったようだ。

今日の計画は白紙となってしまい
さて、どうするか。
アオリンとタチウオの状況を聞いてみると
アオリンは、東海岸一帯いまいちとのこと。
ディップランであれば、そこそこ釣れるようだが
今日はパス。
タチウオは馬天港で少しあがっているとのこと。
タチウオは、中部や北部で何回かチャレンジしたがノーバイト。
なんとか一匹釣ってみたいと思っていたので
今日のターゲットはタチウオにすることに。

マリンタウンから馬天港までは車で10分ほど。
港湾と漁港が一緒の小さな港である。
見た感じ、あまり釣れそうな感じはしないので
港そばにある釣具屋に立ち寄り
釣れているか聞いてみると
「少しはあがっているよ~ 
釣れるときは真昼間でもあがるしね~」
とのこと。
てなことで今日の場所はここにすることにした。
これが馬天港。
Dsc_1260


















Dsc_1261


















Dsc_1259

















なんかどう見てもタチウオなんか釣れそうにないのだが・・・

時間は15時過ぎ。
まあ釣具屋の親父の言うことを聞いてやってみよう。

仕掛けは、「パワーダートミノー」と「パワーダートヘッド」をセットした「パワーダートコンビ」。
タチウオ用で、アシストフックがついているがいいところ。
今回使用したのは1/2oz。
Dsc_1265















30分ほど、湾中心と左右に投げるが反応なし。

くやびれたので、少し昼寝。
ここは車横付けができるので楽でいい。
窓をあけ、海風を感じながらの昼寝は最高!

16時。
再開するもなにもおこらず。

また昼寝。

17時
再開。コツンもない。

・・・・もう眠くない・・・

何回投げたかわからない。
が、そのとき、コツン。
うん?
コツコツ。
うん?
コツーー、
よっしゃーきたー
フッキングを3発くらわし、完全にのった~
806Mの竿が弧を描き
心地よい弾きを堪能。
いっきに岸壁に引っこ抜くと
ありゃ、しっぽが無い。
Dsc_1262















なににかじられたか。
くっそー
まあ、尻尾が無くても1匹目はすなおにうれしい。
すぐに釣り仲間に迷惑ラインを送付(笑
タチウオは群れで行動するので
一匹釣れると連発するらしい。
すぐさま再開すると、あら教科書通りまたヒット。
Dsc_1264















また迷惑ラインを送って
再開。するとまたヒット。

Dsc_1266





















いや~ちょー楽しい!
この荒食いいつまで続くかな思っていると
4匹目を釣ったところでパタッと止まってしまった。
時間は19時。
とりあえずここで一旦夕食タイム。

20時前、再開するが反応なし。
どこに行ったかあちこち投げていたが
湾奥に入ってるかもと思い、
奥のスロープ前に投げると
どんぴしゃ。
コツコツとあたりがあり、フッキング。
なかなか良いサイズのようで、かなり暴れるが
なんなく手前まで寄せごぼう抜き。
5匹目ゲット

ここで、プライヤーで針を外し
魚掴みを探して5秒ほど目を離していると
なんと、目の前にあったタチウオが消えているじゃありませんか。

と横をのら猫がぁ
こら~
完全にサザエさん状態でばか猫を追いかけるも
向こうが一枚も二枚も上手。
あっといまにタチウオを咥えて暗闇に消えていきやがった。

これで完全に戦意喪失。
今回はこれにて納竿としたさ~
くそ~
港にすむ猫は、どこも要注意ですな。

今回の釣果
タチウオ 4匹 最大75cm

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »