フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

潮位表

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月 9日 (月)

イカしてます

2月7日(土)

今回は沖縄北部の国頭村辺土名で日ハムファームキャンプをやっているとういので
足をのばしてきた。
辺土名というとわからないと思うが
JALオクマビーチと言えば分る方も多いかも知れない。
那覇から距離で葯90km、2時間ほどのところだ。
なぜ日ハムファームなのか、
じつは15年ほど前、私が少年野球のコーチをやっていた頃の教え子が、
なんと昨年、プロ野球選手で日ハムに入ったのだ。
基本や戦術などわからず、精神論だけで怒鳴ることしか
できなかった私だが、ほんとうに嬉しいものだ。

午前中野暮用をすまし、2時頃那覇を出発して
キャンプ地に着いたのは4時頃。
球場をのぞくと、
あちゃー、もう誰も居ませんがな(泣
近くにいた人に聞くと
今日の練習は終わったとのこと。
ガビ~ン
少年野球のように夕方まで練習しているかと思ったら
ちょっと違ったようだ。

しょうがないのでポチポチ帰ることに。
辺土名を出て大宜味村に入ったところで
小さな公園を発見。
海沿いの公園は護岸も整備されているところが多いので
見に行くと、
おおおー
いいじゃないでか。
Yuinohamatenboudai








雰囲気ばっちし。
500mほどある護岸にアングラーが3人ほど。
一人はタマン狙いで後の二人はエギをしゃくっている。
これはやるしかないでしょ。
ということでアオリン狙いで私もスタート。
ぶらぶらしながら小一時間ほどしゃくっていると
竿がぐぐぐぐぐーと持っていかれる強いあたり。
慎重に巻くと、よしよし、がっつりのっている。
かなり重いので2~3kコースかと胸がばくばく。
慎重に慎重に手前に岩場まで持ってきてあと一歩、
と、ラインのテンションがス~
なんと岩にすれてリーダー(15.5LB)がブチッとな。
おれの頭もブチッとな。
今日2度目のガビーン。
岩の間にアオリンが落ちたようなので
手を突っ込むも
墨を吐いてどこにいるやらまったくわからない。
しばらくたって見ると・・・
そこは何もなかったようなきれいな海でした。
くっそー。
これで怒りに火がついた。
すぐさま再セットしてあっちこっち投げまくる。
ぜーぜーいいながらしゃくり続け
エギが着底してあげようとしたら
今度はエギが上がらない。???
あちゃー、根掛かりやっちまったか、とぐいぐい起こしていると
おやおや、少しずつ浮いてくじゃーあーりませんか。
よーし、のった。
これもでかいな、と思いながら寄せてくると
どうもアオリンと違うような、
上がってきたのはこいつ。
1423465248809















玉網いっぱいのコブシメ。
沖縄ではクブシミというらしい。
まずは、とったど~
Photo





















帰り際に、釣り具屋で検量してもらうと
1.8kgと上出来サイズ。
しかし、釣具屋のにーちゃんの話を聞くと
大きくなると5kg以上になるとか。
さすが南国沖縄。
自分のやわな竿じゃ持たんなー

今回はガビーンもあったが、いい結果になってなにより。
それと、翌日、名護で日ハム紅白戦があるので見に行ったら
会うことができましたよ。
日ハム背番号39番ピッチャー、高梨君。
応援してあげてください~
1423465316287
























Photo_2




















どうです、イカしてるでしょ。

2015年2月 1日 (日)

たこでした

2月1日

今回もアオリンを求めて中部地域へ。
まずは海中道路を渡って終端の島、伊計島。
時間は日の出直前の7時。
風が強いが何とか投げれそう。
海を見ると風波が立っているが
透明度バツグン、4~5m底まではっきり見える。
Dsc_0929











墨跡もあって期待していたがまったく反応なし。
ここからランガン start。
Map2_2










2番目の小さな漁港、
ここも反応なし。
3、4とアングラーはいるのだが
いくら投げてもアオリンは不在のよう。
最後にたどりついだのが浜比嘉島の比嘉漁港。
時間はもう10時。
ここもアングラーが2人いるが
釣れそうな感じがしない。
Map3


















Dsc_0980










奥に見える堤防上、あっちこっちでキャスト。
今日もだめかと港口にキャストをしてしゃくっていると、グググと竿が引っ張るアタリ。
よし、のったー
と寄せてくると海面からなにやらへんなものが見え隠れ。
いっきに堤防上にひきあげると・・・
Dsc_0993










たこ。
こちらでは良く獲れるシガヤーダコ。
アオリンと思ったのにがっかりしていると
地元アングラーが近寄ってきて、
茹がいて食べると美味しいし、酒のつまみに最高だよ
とのこと。
ということでお持ち帰り。
そのあと、目の前をデカマダコが泳いできたので
エギを近づけるもまったく見向きもしない。
そうとうすれているようだ。

時間も昼前になって本日はこれにて納竿。
帰って茹でたこになったのがこちら。
Dsc_0994











美味しくいただきます。

Dsc_0995







« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »