フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

潮位表

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

伊江島遠征で

ターゲットの設定が高すぎたのか沖縄に来てまったく釣れず
こうも釣れないとブログの更新も億劫になって
やっと2ケ月ぶりの更新。
ということは・・・

先週15日は今帰仁まで遠征。
場所は沖縄本島の北部になる。
北東の風が強く、場所探しに苦労して
たどり着いたのが運天港。
ここは周りを小高い丘に囲まれているので
風の影響は少なくて済むのだ。
Photo

















運天港は、伊是名島や伊平屋島へ渡るフェリーや小型貨物船が往来する小さな港。
そんな港で船の発着が終わる4時頃から竿を出した。
Dsc_0771










岸壁にはビトン用のアンカーがたくさん開いていて期待できそうである。
しかし・・・・・
11時頃、竿がもぞもぞ?
正体はコイツ。
Dsc_0773










アナゴの仲間だろうか。
気色悪いのですぐにお帰り。
しばらく経ってもう一方の竿先が揺れて鈴が微かにチリンチリン。???
正体は・・・
Dsc_0775










とほほ、ハリセンボン。
タマンじゃねーよ、わるかったな
って顔。
立派なツノにくりくりとした目はなんとも憎めない。
次はタマンに化けて戻って来るようにと言い聞かせ
海に帰っていただいた。
その後は何も起きず、午前3時納竿。
またしてもタマンはおあずけ。

翌週22日。
今週は大潮で新月、タマン釣りには絶好の日。
ということで、タマンの魚影が濃いと言われる伊江島へ。
初の離島での釣りにチャレンジである。
場所は地図の通り、国頭郡にある伊江島。
Photo_2

















沖縄北部に位置し、那覇から高速を使って本部港まで1時間半。そこからフェリーで30分ほど。
Dsc_0778












Dsc_0779











釣り道具一式車に積み込んで出発。

Dsc_0780












Dsc_0786












Dsc_0793














伊江島港に着いたのが午後3時半。
まずは釣り場所を決めるべく島西側の浜を探索。
Dsc_0796










雰囲気はいいが、風が強いので島の東側に行って見る。
こちらもなかなかいい感じ。
Dsc_0817










車もすぐ近くに止められるし風もさっきよりはましのなので
ここを釣り座に決定。
はたして・・・

満潮は午後7時。
タマンはリーフにいるウニやタコなどの餌を求めて、満潮時に背ヒレが見えるくらいの浅瀬に寄ってくるらしい。
海の白っぽいところが砂地でリーフや藻があるところは濃青色をしている。
時間が無いのでそそくさと準備にかかり午後5時第一投。
竿はいつものボトムキングとタマンモンスター。
 
リールはブルズアイ9140とパワーサーフ6000、
ラインは12号、おもり25号、ステン天秤にフロロハリス14号ひとヒロ、
ハリはひねりタマン20号。
Dsc_0801










満潮、潮止まりの7時頃。
鈴がチリンチリン。
きた~と竿に猛ダッシュ。
が、すぐに音がやみノーチリン。
巻き上げてみると餌のタコ足が食いちぎられていた。
ウヒ、今夜はいけそうな予感じゃ。
その後30分おきに餌を取り換えるがノーチリン。
11時、潮がかなり下げてきてたので、ここで一時仮眠をとる。
午前4時再開するもあいかわらずノーチリン
東の空が明るくなるもまったくダメ。
ふ~、
7時、今日もこれでノーサイドかと近くを散策しいていると
嫁はん(今回同行)が竿のとこで手招きしているので
戻ってみるとリールがジージーいってたとのこと。
竿をみるとまっすぐでかわったところはない。
何かのエサ取りかなと思いながらドラグを締め巻くと
ドカーンと竿が満月に。
こ、これは・・・
ついにきたかと渾身の力で巻くもびくとしない。
ときたま強烈な引きで持って行かれそうになるが
10号竿はさすがに強い。
竿のコシが効いていて徐々に手前に寄せることでき
波打ち際まで持ってきて
波を利用して一気に浜へあげる。
よ~く見ると
タマン釣りの外道で、これが釣れるとタマンの地合いの終わりというゴマモンガラ。
Photo_3






















Dsc_0803











こっちにきての初ヒットは
タマンではなかったけど
これはこれでうれしい外道。
竿をしならせるファイトはたまりません。
ゴマモンガラについて調べるととっても美味とのこと。
しかし、クーラーは小さいし、アパートで捌く場所もないので
また来いよと言い聞かせ海に還すことに。
いや~興奮したぜ~

今回釣りはこれにて納竿。
昼1時のフェリーまで時間があるのでしばし島内めぐり。
これは島のシンボルの城山(グスクヤマ)
Dsc_0792











Dsc_0827












山頂からの風景
Dsc_0836













Dsc_0837













Dsc_0841












次は島の北側にある湧出(ワジー)とよばれる絶景。
時間を忘れ見とれてしまうほどきれいですよ。

Dsc_0863











Dsc_0854_2













Dsc_0856













Dsc_0861












島を一周し、帰りの伊江島港フェリー乗り場前。
Dsc_0866












これはまた来るしかありませんね。
次回はタマンの写真をアップするぞ!

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »