フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

潮位表

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

サーフ撃沈、あじは絶好釣

12月27日

今回は会社の同僚と南房サーフへひらひら狙い。
前日夜から現地に入り、4時から実釣り開始。
まずはミノーFタイプでシャローを狙う。
若干波はあるがまあ大丈夫だろう。
1時間ほど投げるもまったくあたり無。
そこでSタイプに交換し少し下を攻めてみる。
徐々に明るくなり、そしてご来光。
しかし、まったくあたりがない。
あれこれルアーを変えてやるも
相手はまったくやる気がないようだ。
そんな中、同僚にステルスヒット。
しかし、手のひらサイズのため、海にお帰り。
9時、二人とも疲れ果て降参、納竿。
10時過ぎ、朝飯兼昼飯を食べ、一路北上し外房へ。

あっちこっちの港を見ながら物色していると
サーフさんから、爆釣につきすぐおいでの連絡。
こちらのクーラーは、からっぽなので
すぐに某港に向かう。

すると、そこはまさに、あじ、いわし、サバと
お祭り状態。
サビキを入れるとすぐにウキがピコピコ。
そのうち、ドスンと沈む。
少し巻き上げ、仕掛けを上下に振ってやると
さらに追い食いしてくる。
そこで巻き上げる、6匹パーフェクト。
ものの30分でクーラー半分ほど。
これはすべて同僚に進呈し
自分用にさらに追釣。
数えていないが、RGと豆あじ合わせて束超え確実。
いい加減止めないと、大変なことになるので
3時過ぎにアジ釣り終了。
ここからは、朝のリベンジよろしくステルス狙い。
泳いでもらう小あじは十分確保できている。
やはりルアーより生餌の方が確率が高い。
十分期待して、ぶっこんでやる。
・・・
3時間経過。
午後6時。
今日は、ここのステルスもまったくやる気無し。
朝4時から行動していて、もう背中が痛くなって
これにて納竿。
今回は、ヒラヒラの顔は見ることができなかったが
おみやげのあじは十分。
ヒラヒラは、また次回にお預けとなってしまった。

ということで今回は写真はありませんが
鴨川で食べた刺身定食が絶品でしたので
紹介します。

千葉県鴨川市江見東真門166
カネシチ水産
Photo









刺身定食
Photo_3 









うに と いくら と刺身をご飯にのせて
おいしゅうございました。

2013年12月23日 (月)

”ぼ” うねん釣り&鍋P

12月20日

今回は久しぶりに釣り仲間にあって忘年鍋P。
開会は夜のため、それまでサクッとあじを釣る予定だ。

午後4時。
外房某堤防の先端に行くとBVさんが既に爆釣。
後に続けと準備に取り掛かるが
風がだんだん強くなってきた。
大急ぎで準備して投げ始めるが
今度は、雨が降りはじめ、
風もさらに強くなり、ときどき突風で竿が持っていかれそうになる。
雨も強くなって、BVさんは撤収。
自分は鍋Pまで時間があるので
竿を振り続けるが、風雨でテンション最低。
そのうち、波も大きくなり
港口の潮は濁流のように流れ
先端角は、渦が巻いている始末。
もはや釣りをするような状況ではない。
そんな中、ウキがストンと沈んだような・・・
巻き上げると、そこには大きな海藻が
これでもかと仕掛けに絡みついとる。
ここで完全に心が折れて撤収とあいなりました。
釣果、聞かなくてもわかるでしょ!

駐車場に戻ると、ちょうどBSさん到着。
BSさんも、時間まであじ釣りの予定だったけど
私の状況報告で断念。
仕方ありません。

8時になると、続々メンバーが到着。
久しぶりにみんなに会って、楽しい鍋Pでした。

翌日は4時から釣り開始。
堤防の外側から聞こえてくる波の轟音は
昨夜より凄い状況。
徐々に明るくなり悲惨な状況が判明。
これぞノースのビッグウェーブ。
かろうじて釣り座は大丈夫だが
対面の堤防は完全に越波。
Dsc_89702










皆さんの心が折れたのはしょうがありません。
その後、港内でBSさんがジンタ捕獲。
皆で泳がせをやったがサプライズは起きませんでした。
皆さん、鍋Pは満足されたようですが
釣りは、年内リベンジと叫んでいたような・・・

それにしても、楽しいひと時を皆さんありがとうございました。
また機会があれば、鍋を囲みながら釣り談義をしたいですね。

2013年12月 8日 (日)

変身の術

12月8日(日曜日)

午前5時、某海岸に到着。
昨日も仕事だったので若干お疲れモードだが
来週末は仕事のため、ちょっと無理して出撃。

狙いは、もちろん座布団。
不発続きなので今日こそはなんとかしたいものだ。

真っ暗な中、サーフにでると、すでにたくさんのアングラーが竿を振っている。
自分も場所を見つけてキャスト開始。

6時過ぎ、明るくなってくるが
今日もまったくあたりなし。
Dsc_8872





完全に明るくなった7時頃、右隣の竿がしなった。
遠目でみていると、ヒラヒラではなく、どうやら鱸みたいだ。

8時、今日も心が折れそうになった時
竿先が引っ張られ
おもいっきり合わせを入れる。
すると、竿がぎゅいーん としなり
ガツンガツン衝撃が伝わってきた。

なんか違うな~
この暴れ方は、ヒラヒラではない。
タックルは万全なので
強引に巻き上げると
ありゃりゃ、お隣さんと同じ、鱸くんでした。
Dsc_8868







Dsc_8874





ここで、フィッシュグリップ初活躍。
とりあえず出番があって良かった。
その後粘っていると
今度は、右二つ隣がヒット。
横目で見ていたら
今度は正真正銘のヒラヒラ。
遠目で良くわからなかったが50cm以上はあったな。

俄然、ことらも気合が入るが
その後まったくあたりなし。

9時には心が折れて撤収。

ヒラヒラの予定が鱸君に変身してしまったが
釣趣は、釣り応えがあってなかなかオモロイ。

さあ、次回は、ヒラヒラを求めてBBさんのHGに行ってみようかな。
Dsc_8877





天気     晴れ
風      弱
波     1.5m
潮     中潮

2013年12月 1日 (日)

sotoboo sibusibu

11月30日
最近週末出張が多くもんもんとしていたが
やっと出撃することができた。

今回の予定は
土曜日夜に尺アジを4~5匹確保
翌朝、ステルス撃墜。
目標は大きくw ですよ。

土曜日16時。
まずは南の小さな港で開始したが
今日は21時頃最干のため19時までの勝負だ。
タックルは、竿かごスペ4-6.2、リールabu6500ガンナー。
ぶっ飛ばして、パーマなし、いい感じだ。
・・・
しかし、夕マズメなしで撃沈。

潮が低くてもある程度釣果が望めるKGに移動。
20時戦闘開始。
しかし、ここも激シブ、しぶ、sibu。
15分に1匹ペース、それもジンタから大きくても15cm前後。
24時、参った。
とりあえず10数匹キープして1日目終了。

翌朝に備え、HBへ移動。
寝酒にビールと紙パック1合の日本酒(純米酒ですよ)をちびりちびり・・・

4時半目覚ましなしで起床。
気合 良し!w
しっかり着込み寒さ対策は万全。
下はウェーダーを履いて、水対策もOK。
S社製1000MのロッドにD社製SW4020リール。
ラインはPE2号、リーダー25lb×1m
ルアーは、ステルス用をあれこれ。
5時、星空を眺めながらキャストをはじめ、
徐々に明るくなる。
Dsc_88614 











そのうち雲の隙間から太陽が顔を見せ
完全に明るくなって
暑くなって・・・
そして、心が折れて・・・

8時、今回もミッションは完全に失敗。
周りに10人以上同類がいたけど
撃墜した人は見なかった。

せめて、あじは、もう少し期待したんだが

ダメですね~
今sotobooは、sibusibu です。
Dsc_8862






天気      晴れ
風      弱
波      1.5m
潮      中潮

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »