フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

潮位表

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

朝マズメ釣行

7月28日
先週はいろいろと行事が重なり
体と肝臓がお疲れ。
長時間釣行はちょっと辛いので
朝マズメのみで行ってきました。

とある漁港。
時間は4時過ぎ。
既に陽が白々と空けはじめてくるなか
ミノーやジグをポシェットに詰め込み岸壁へ。
と、一晩中やっているのだろう
岸壁は釣り師でいっぱいだ。
そんな中、漁船の前後が空いていたので
まず、ここでキャスト開始。
ルアーは、VBジグ。
しゃかしゃか、ただ巻でルアーが振動
アピール力、抜群だ。
重さも28gあり、飛距離も抜群。
言うことなしの逸品である。
これで釣果がともなえば・・・

次は、靴べらみたいなジグ。
これもただ巻でトリッキーなアクションが発生。
好奇心旺盛な彼奴らにはバツグンな効果があるはず。
これで釣果がともなえば・・・

次は、130フローティングミノー。
青でも平でもドンとこい。
その泳ぎは、まさに生きたいわしだ。
人様でもだまされるくらいだから
彼奴らなんかイチコロだろう。
これで釣果がともなえば・・・

ふ~

もう帰ろうかな~

まだまだ。
某一流メーカーSN社製の超人気ジグ28g。
釣具屋のあんちゃんが言ってましたよ。
困った時の一番と助っ人だって。
このフォルム、どう見たって釣れそうじゃないですか。
間違いなし。
これで釣果がともなえば・・・

時間はすでに8時を回ってしまった。

ちょっと待った。
忘れてましたよ。
もう一つの一流メーカーDW社製の超人気ジグ25g。
ソルト雑誌にでました。
超簡単、ただ巻で絶対釣れるって。
使うのは何時?
はい、そうです、今でしょ~
これで釣果がともなえば・・・

もういいです。
どこかの釣具屋で超特売投げ売り商品のジグ15gでも
投げて帰ります。
しゃかしゃか巻いて煽ってフォールと。
はいはい、どうせ見向きもしないんでしょ。
そんなにすれてどうすんの。
うん?すれてんのはあんただって。
それはそれは、どーもすみませんね~
しゃかしゃか巻いて煽ってフォールと。
と、ガツン。
お?おおおおお?
HIT!

な、なんですか。
こんなジグに食いついてきて。
某メーカーさんが困るでしょ。
でもまあ、こんなもんなんですね。

同じ場所では、釣れないので少し移動して
2匹目のどじょう、じゃなくてショゴを狙う。

すると、またまた
超特売投げ売り商品のジグで
HIT!
う~ん、これは
このジグが良いのか?
それともたまたま釣れる時間なのか?
ひとつはっきりしてるのは
腕ではないことですよ。

時間は9時半。
だいぶ暑くなってきたので
今回はこれにて納竿。
安売りジグ、侮ることなかれ。
ていうか、そもそも、それぞれのルアーを
使いこなしていないのが原因かと・・・
道、まだまだ半ばでやんす。Img_3951










29cmと25cm。
岸壁沿い追いかけてきた彼奴らは、
来週末には尺になっていることでしょう。

2013年7月21日 (日)

九十九里サーフ調査釣行

7月21日
九十九里に調査釣行に行ってきた。

午前4時。
九十九里南端の港の横のサーフ。
ミノーやジグでキャストするもまったく気配なし。

薄明かりの中堤防先端は空いていたので移動する。
ここでも、まずはミノーからはじめ
広範なレンジ探るためジグも投げてみる。
朝マズメの時間で、ひょっとしたら青物が回ってくるかもと
期待したがまったくなし。
6時頃まで粘ったがぜんぜん反応がないのでここは撤収。

車を北に走らせ、
きたのは大きな川の河口付近。
ここはシーバスの実績が高いところだ。
みると先釣者が1人。
釣り雑誌の表紙に出ているような恰好をしていて
キャストもビシッと決まっている。
プロみたいな釣り師なのでちょっと様子見。
15分ほど見ていたが
残念ながらノーヒット。
こんな上手そうなひとがダメなら
わしなんて。

てことで、車をさらに北上させる。
たどり着いたのは
小さな川の河口。
先端に突堤があり
先釣者が5人ほどいる。
みなさんイシモチ狙いだが
今日はイマイチらしい。

突堤左側はサーファーがいるので
河川側の調査をまずはミノーで開始。

一投目。
反応なし。

二投目
着水、リトリーブ・・・・・・
ガツーン、HIT!
いきなり竿をもっていかれるような
凄い引き。
こ、これは????
ひょっとしたら、お化け座布団か~~~~~~~

なんとしても上げねば。
しかし、ドラグが締まりすぎていたのか
竿がぐいぐい持っていかれる。
や、やばい。
なんとか持ちこたえなば、と気合を入れたその瞬間・・・

リーダーのさらに上側、PEラインから見事にブチッとな。

お化け座布団がああああああ。

すると一部始終を見ていたジモピーの人が寄ってきて
「尻尾があったな」

こりゃかなわん。
尻尾がはえた奴なんか相手にしたら
道具がいくらあっても足りませんがな~

ここはすぐにやめて
サーフ上の調査をすることに。
しかし、シャローからボトムまで探ったがまったく気配がないので
今日の調査は9時に終了とした。

うん?釣果?そんなのあるわけないじゃありませんか。
調査ですよ、調査・・・(くやしー)

さてさて、次回は南の方へ調査へ行ってみますかね~
青物もそろそろだし、ナブラがでたらバシッと
いきたいですね~

てことで、今回は写真はありましぇん。

2013年7月15日 (月)

ジギ&ベイト

7月14日
今日は朝マズメから夜までロングラン釣行。
朝2時出発。
半分眠っている頭を起こすため
ディープパープルをがんがんかける。
古いけどいいんだな~
小学生高学年の頃から聞いているが
いまでも良く聞いて鋭気を貰っている。

4時頃目的地到着。
ここでは、ジグでなんでも狙い。
まだまだルアーは若葉マークなので
何でも釣れればいいのだ。
でもあわよくば、青いのとか、平べったいのかがいいな~

場所を少しずつ移動しながら小一時間ほど投げる。
すると、バイブルアーに小さなあたりが、???
ひょいと上げてみると、犯人はこいつ。
Dsc_8637











自分の口よりでかいルアーに食いついてきたカマスくん。
その後も数投の割合でこいつが食いついてくる。
小さいがおいしいので、とりあえずお持ち帰りじゃ。
6時をまわり、あたりが無くなったのでこの場所は終了。

南に向けて車を走らせ、とある港に到着。
様子を見にいくと、ここもカマスのラッシュの模様。
もう少しおおきければいいだけど。
とりあえず、竿を出してみると
右へならえで鉛筆より少し太いマジックカマスが食いついてくる。
まあ、何も釣れないより良いので遊んでいると
若者アングラーが投げながら近づいてきた。
3人とも上手に、シャカシャカ巻いたり上げたり下げたり
ジャークが上手い。
わしはというと、ただ巻きがせいっぱい。
竿の動きとリールの巻き上げが合わなくて
ちょーかっこわるい。

その若者達を見ていたら
そのうちの一人の竿が満月にしなった。
おーなんだ、なんだ。
色めき立つあとのふたりとまったく無関係なわし。
手に汗を握りながら
やり取りをみていると
最後ごぼう抜きをしようと海面からあげた刹那・・・
よく見る風景がそこにはありました。

わしはというと、何もなかったのように、さささと
ジグを青物狙いにチェンジ。
さあ、準備はOK。
わしもわしもとキャストを繰り返す。
・・・
・・・
・・・
疲れた。
気が付くとすでに10時。
その間、ヒットしたのは
あいかわらず、元気いっぱいの小カマスだけでした。

いい加減疲れたので竿をしまい、
更に車で南下。
あっちこっちの港、磯、ビーチを見て回る。
11時を過ぎてとりあえず見学はここまで。
車を反転させ
南の小さな港に向かう。
12時過ぎに着くとそこは超満員御礼状態。
連休中日なのでFFでいっぱいだ。
しょうがないのでHG港に行くと
内側はFFでいっぱいだが
外側はギター侍、もといケースが置いてある。
おー久しぶりじゃ。
すぐにわしも荷物一式もって隣に釣り座を確保。
そのうちshin-peiが登場。
久しぶりに一緒にやることになりました。

とりあえずまだ時間が早いのでカマス用のサビキを投げてみる。
しかし、ここは小カマスもいないようで、まったくあたり無し。
そこで、shin-peiくんが先日、無念のヒラヒラ落下したとのことなので
ヒラヒラ狙いでジグやミノーを投げてみる。
しかし、やはりまったく反応なし。
残念ながら今日のルアーはダメなようだ。
まあ、そのうち良いこともあるでしょう。
4時からアジ狙いでサビキを投げ始める。
そのうち、内側で当たりが出はじめ
サビキに2匹、3匹と釣れている。
外側は毎度のことで
あたりだすのが遅く、6時近くなってから。
それも活性が低いようで、その後もなかなか上がらない。
渋いしぶいと言いながら10時過ぎまでやって
やっと25匹くらい。
サイズも小ぶりで14,5cmがほとんど。
Maxは、23cm。
早朝からやっているので
もうヘロヘロ、ここで納竿することにした。
さあ、次回はどこでやろうか。
その前に、もう少しショアジギの練習が先ですね。
ショアジギ&遠投カゴベイトどちらもこれからです。

今日も結果が伴わないタックルたち
ショア ロッド10ft1000M
    リール4020 ラインPE2号 リーダーフロロ35lb
投げ ロッドベイト4-52 ライン7号
    リール Abu6500ガンナー
Dsc_8649

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »