フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

潮位表

無料ブログはココログ

« ほろにが両軸debut | トップページ | 背負子つくり »

2013年1月13日 (日)

両軸マスターへの道

1月12日
先週に引き続き某港に行ってきた。
もちろん、目的は両軸マスター。

昼過ぎ港に到着すると
ほぼ同時に楽さんが到着。
挨拶をして、すぐに準備に取り掛かる。
今日は、楽さんに両軸について
いろいろ教えていただいた。
まずは、仕掛け。
専用のウキに天秤、カゴ。
少しでも空気抵抗を減らし
直線的に飛ぶように考えられている。
う~ん、ここまで細部にわたって工夫されているとは・・・
うーん、深い。
自分のカゴでは、抵抗が大きいので
楽さんのカゴをいただいた。

リールは、ラインの太さやスプールへの巻き具合、
そしてラインメーカーまで。
さらにブレーキ調整や
スプールの微妙ながたつき。
う~ん、深い。

そのあとは、投げ方。
左手の位置、右手と指の位置。
左右腕の位置。
左腕の引きと右手の押し出し。
ラインの離すタイミングと指の位置と
サミングのタイミング。
ふ~
その他いろいろ・・・

一通り教えていただき言われた通り投げてみる。
すると、
あらららら
離すタイミングが遅いのか
左下方に直線で飛んで行った。
数回投げてみるが
離すタイミングとアウトサイドインの投げ方になっているようで
どうしても左方向に飛んでいく。
そこで眼の位置を前方上に据えるようアドバイスを受ける。
目線を意識し、早めのタイミングで離すと、
今度はまあまあの飛行線に。

その調子ということで
数回同じように投げてみる。
しかし、2回に1回は着水時のサミングのタイミングが遅くなり
小クラッシュ。
それでも、だいぶ良くなってきたので
今度は少しブレーキを緩めてみる。
この緩め具合も、非常に微妙なもので
なかなか難しい。

ブレーキの調整後、同じようなタイミングで投げてみると
先ほどより気持ちよく飛んで行った。
まあ、着水サミングは相変わらずタイミングがわるい。

ここまで、書くのは簡単だが
実際は、2時間近く教えていただいてる。

とりあえずその調子で続けて、ということで
数回練習して自信をつけたところで
コマセを入れて、3本サビキで投げてみる。
すると、1投目からRGあじが食いついてきた。
まあ、回りはさっきから入れ食い状態だから
当然と言えば当然。

それから夕方まで
ときどき小クラッシュをしながらも
調子よく釣果をあげていく。
15匹ほど釣り上げ
だいぶ投げ方にも慣れてきた、と油断したつもりは
なかったのだが
着水サミングのタイミング大幅に遅れてしまった。
おそるおそるリールをみると
がび~ん。
こ、これは、見るからに再起不能状態。
とりあえず、ジーとラインを引き出すが
挟まってまったく動かなくなってしもうた。
5分ほど緩めたり、ひっぱったり格闘していたが
そのうち、ぶちっ・・・・・あああああ
あわてて仕掛け側のラインを掴み
しょんぼり回収。
すると3本針にあじが3匹かかっていたとさ。

今回の幕切れもこれ。
Dsc_0226









さすがに、悔しいのでスピニングの準備。
6時半まで10匹ほど追釣して
今日の釣はお終いとした。
それにしても、楽さん。
今回は、ほんとにたくさん教えていただき
ありがとうございました。
前回の釣行に較べ
自分でもだいぶ投げ方が良くなったと実感しています。
これに懲りずに、できたらまたお願いいたします。

それと、私の左隣にいた方もとても親切な方でしたね。
夏場は伊豆で両軸遠投されていると言ってましたが
たまに見るに見かねて教えてもらいました。

両軸マスターへの道、まだまだ入口ですが
更に両軸に慣れ、次回パワーアップしたいと思います。
Dsc_0227










天気     晴れ
風      南西強風(両軸を習うような日じゃないと言われた)
波     1.5m
潮     大潮
釣果   RGあじ 30匹(足裏メジナは、いただきもの)

« ほろにが両軸debut | トップページ | 背負子つくり »

釣り」カテゴリの記事

コメント

べっちゃん、お疲れ様でした。
横で見てても、最後のほうは、かなり良い感じで、
投げてたましたね。
距離も70Mは出てたとおもいます。
あのカゴ面白いでしょ。 距離が伸びると、
まわりの注目度が違います。(爆)
お見せしたい物もまだ有ります。
それとバックラしたのは、テトラの上だから、だと思います。
隣の方、親切でしたね、両軸師みんな、通って来た道なので
教えてくれたのだと、思います。
もう戻れませんよ。(笑)
しばらく、釣果は二の次になるでしょう?
次回の釣行もお知らせ下さい、ご一緒しましょう。

完全にベイトの虜になりましたね
楽師匠のご指導では、直ぐに上達することでしょう
人の届かない場所まで・・・ビュンと
また、お時間が合えばご一緒してください

両軸遠投への遠い道のりも良い師匠がいればそれだけ早くマスターできることでしょう。

今年はアジが濃いので長~く楽しめそうですよ。
また、一緒に竿を並べましょう。

楽さん
こんばんは。
このたびは、たくさん教授していただいて
ありがとうございました。
まだまだですが、頑張って覚えたいと思います。
それと、今日、た〇〇さんからも、
連絡をいただいて、
いろいろと教えていただきました。
本当に、感謝しております。
私も少しでも早く覚えて
アドバイスできるようになりたいと思っています。
また、機会がありましたら
ぜひ、ご一緒させてください。

門番さん
こんばんは。
そうなんです。
両軸の虜になってしまいました。
今年はこの新しいスタイルを
少しでも覚えたいな
と思っています。
ほんとうに、教えていただける方が居るというのは
心強いですね。
クラッシュしても、めげませんよ(笑)

良竿さん、
こんばんは。
ベイトを始めたのは良いですけど、難しいですね。
やはり、上手な方の教えが無ければ
覚えるのは難しいと思います。
クラッシュのたびに痛感しました。
しかし、奥深さを感じつつ
できるだけ悲観にならないで
楽しんでいこうと思っています。

べっちゃん

ついに禁断の道に入っていってしまいましたか。
実は私も自宅前が運河なので、こそ練はしているんですが…
取り合えず、外房クラスならばまだまだスピニングでいいかなと思ってます。
HGだとパーマした時に周りに迷惑を掛けそうで!

サーフさん
こんにちは。
練習場所が近くにあるのはいいですね。
たしかに外房では、そんなに遠くに
投げることはありませんが
遠投もできるように両軸も覚えておきたいです。
パーマは、すぐ治せればいいけど
時間がかかると迷惑をかけてしまいますね。
先に仕掛けを回収すればいいのですが
ついつい後回しになってしまいます。
まだまだへたっぴですが
今度、一緒に投げませんか。

先日はお疲れさまでした(^_-)
かなり上達されたようで楽しみが増えたんじゃないでしょうか(^^)
当日は途中でルアー仲間から電話がはいり、青物狙いに抜け出てしまって申し訳ありませんでした(^-^;
両軸遠投カゴ釣りは自分自身が伊豆の網代で出会い、それを外房に持ち帰り四年前から周りの目も気にせずに投げ続けてきました(^^)
100メーターを超える飛距離で周りのスピニング師が全く釣れないときに一人で25センチ前後の鰺を一本針仕掛けで数釣っていたときはさすがに複数の方から声をかけられ、タックルや仕掛けについて質問されたものでした(笑)(^-^;
その中の一人が楽さんであり、今では新潟にまで釣りでご一緒する仲になりました(^^)
まさに両軸遠投カゴ釣りが巡り合わせた嬉しいご縁だと思っています。
先日お会いした港の堤防が我々のホームではありますが、近年はあまりにも釣り人が増えて、釣り座の確保がままならなくなりました。
新たなターゲットを狙うことも含めてその後は内房の地磯や南房総の釣り場にも通っています(^^)
良い釣り場はまだまだたくさんありますので今後是非ともご一緒しましょう(^^)
ラインやタックルにつきましてはまたメールで後ほど御連絡致します。
微力ではありますが、実釣120メーターまでの遠投はお伝えできると思います(笑)(^-^;
まずは100メーターを目標に頑張りましょうか(^^)
自分の名前は出していただいて結構です。
tanaPでおねがいします(笑)(^_-)

tanaPさん
先日は、いろいろとお世話になり
また、メールをいただき
ありがとうございました。
わたしも早く100m投げられるようにと思っていますが
ここ数年釣行回数がだいぶ少なくなってきて
投げ方を思い出すだけでもたいへんです。
機動力もありませんが
とにかく根気よくやっていこうと思います。
次回は、リールを下から上に返すイメージで
やってみます。
またタイミングがお合いすれば
是非ご一緒させてください。
イメージトレーニングだけは
毎日やっておきます(笑)

両軸遠投カゴ釣りの基本フォームは、リールを真下の向きからフィニッシュ時は真上の位置に返すオーバースローになります。
これを意識せずに無闇にキャスティングしますと竿がねじれ、ラインが不必要にガイドを擦り、バックラッシュを誘発させます。

フィニッシュ時のリールの位置も、左の腰の位置まで引き込むようにして下さい(^_-)
左を使えず、右だけで押し込んでリールがへその前で止まっている方は典型的なダメな例です(>_<)
これは石鯛釣りでも同様です。
奥が深いですが、ひたむきにやっていけば半年かからずに100メーターオーバーは可能ですよ(^^)

両軸の道は厳しそうですね!
僕も一応は憧れてはいるのですが
静浦港は両軸で
太刀魚狙ってる人多いんですよ(笑)
僕の友人も
そこの港(小さな南の港)で両軸の1本針で
尺アジ狙ってる人いて尺以上のアジの写真を見せて頂き
僕に両軸進めるのですが
現在アジ釣りの基本をと思い
全体のバランスを考え修行中です。
お会いしたときは両軸ご教授下さい。

tanaPさん
なるほど、わかりました。
基本フォームのイメージトレーニングを
十分行って、次回に臨みたいと思います。
ありがとうございました。

金ちゃんさん
こんにちは。
たしかに、そんなに甘くはないようです。
まあ、焦らずにやっていこうと思います。
教授できるようになれれば良いのですが!

ベっちゃんさん。こんにちは。
あの強風の中での両軸投げ練お疲れ様でした!
北風の微風なら気持ちよく飛びそうですね。
両軸マスタ―への道のりは大変だと思いますけど
超遠投で超大アジ釣り上げちゃって下さいネ!
当日は色々と教えていただきありがとうございました。
イメトレや投げるフォームなど楽しみながら頑張って下さい
また、お会い出来るときを楽しみにしています。

>金ちゃん
こちらではお初ですねw^^
確かに西伊豆静浦や足保などは両軸遠投カゴ釣りのメッカであり、静浦を覗いた時は、埼玉カゴ釣り連盟SKRの方々にお会いし、両軸に関する様々な話をしたものです^^

我々房総人も彼らに負けていられませんね(笑)
自分は房総半島で両軸遠投カゴ釣りを普及させられるよう粉骨砕身努力していきますw^^

釣りでご一緒出来る日を楽しみにしていますw

ひんめさん
こんばんは。
あれから如何でしたか。
両軸は難しいけど
釣りの幅を広げていきたいと思っています。
またご一緒しましょう。

tanaPさん
こんばんは。
タイミングがあえば、この間の場所で
金ちゃんさんと一緒にできれば良いですね。

そうですね(^^)
楽しみにしています(*^-^)

ベッちゃん tanaPさん
もう少し初心者の域を脱しましたら
是非是非ど教授下さい

何せ頭に初心者の冠が着いてますので(笑)
宜しくお願いいたします!

最近はどうも端物竿に行ってしまって(瀑)

べっちゃん、おはようございます。

両軸の険しい道を歩み始められたようですね。
きっとドッカーンと飛んでいくと気持ちいいんでしょうね。
私には夢のようなお話です。
是非極めて下さいね。
もう少し余裕が出来たらチャレンジしてみたいです。
その時はご教授宜しくお願いいたします。

rickeyさん
こんにちは。
これは私にも夢のような話なんです。
今年の新年の目標として
ぶち上げたんですが・・・
まあ、夢は大きくということで。
ちょい悪おやじのしょうもないチャレンジってとこです。
余裕なんかなくても、なんとかなりますって。
やりましょう、一緒に(笑)
これで仲間が一人増えたかな(爆)

両軸はブレーキの数をいかようにでも替えられますし、バックラッシュを皆無にすることもできます。
バックラッシュしにくいリールもありますし、皆さんが思われているほど難しくはないですよ(^^)
力を入れなくてもスピニングより飛ぶのですから、これほどカゴ釣りが軽快で楽になることはありません(^^)

tanaPさん
こんばんは。
私もそうですが、確かに難しいという観念が
先行していますね。
クラッシュは精神的に参ってしまいますから。
いっぺんには無理ですので
メカ知識と技術面を少しずつ
向上させていきたい思います。
ということで、今週も出撃したかったのですが
仕事が・・・
来週は出撃できれば良いな
と思っています。

明日行きたかったですが高波、強風が邪魔しそうで断念せざるを得ませんbearing

現在黒潮は70海里。水温は13℃まで低下していますbearing
我慢時でしょうね

tanaPさん
こんばんは。
土曜日は荒天であきらめましたが
日曜日の予報が良かったので
風が陰になる場所で数時間投練。
前回よりちょっと上達したかも。
上手の近道はありませんね。

勝浦港や小湊港など足場の良い岸壁で練習するのが一番いいですよ(^^)テトラポットなどもなく気にせず思いっきりできますから(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほろにが両軸debut | トップページ | 背負子つくり »