フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮位表

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月13日 (日)

両軸マスターへの道

1月12日
先週に引き続き某港に行ってきた。
もちろん、目的は両軸マスター。

昼過ぎ港に到着すると
ほぼ同時に楽さんが到着。
挨拶をして、すぐに準備に取り掛かる。
今日は、楽さんに両軸について
いろいろ教えていただいた。
まずは、仕掛け。
専用のウキに天秤、カゴ。
少しでも空気抵抗を減らし
直線的に飛ぶように考えられている。
う~ん、ここまで細部にわたって工夫されているとは・・・
うーん、深い。
自分のカゴでは、抵抗が大きいので
楽さんのカゴをいただいた。

リールは、ラインの太さやスプールへの巻き具合、
そしてラインメーカーまで。
さらにブレーキ調整や
スプールの微妙ながたつき。
う~ん、深い。

そのあとは、投げ方。
左手の位置、右手と指の位置。
左右腕の位置。
左腕の引きと右手の押し出し。
ラインの離すタイミングと指の位置と
サミングのタイミング。
ふ~
その他いろいろ・・・

一通り教えていただき言われた通り投げてみる。
すると、
あらららら
離すタイミングが遅いのか
左下方に直線で飛んで行った。
数回投げてみるが
離すタイミングとアウトサイドインの投げ方になっているようで
どうしても左方向に飛んでいく。
そこで眼の位置を前方上に据えるようアドバイスを受ける。
目線を意識し、早めのタイミングで離すと、
今度はまあまあの飛行線に。

その調子ということで
数回同じように投げてみる。
しかし、2回に1回は着水時のサミングのタイミングが遅くなり
小クラッシュ。
それでも、だいぶ良くなってきたので
今度は少しブレーキを緩めてみる。
この緩め具合も、非常に微妙なもので
なかなか難しい。

ブレーキの調整後、同じようなタイミングで投げてみると
先ほどより気持ちよく飛んで行った。
まあ、着水サミングは相変わらずタイミングがわるい。

ここまで、書くのは簡単だが
実際は、2時間近く教えていただいてる。

とりあえずその調子で続けて、ということで
数回練習して自信をつけたところで
コマセを入れて、3本サビキで投げてみる。
すると、1投目からRGあじが食いついてきた。
まあ、回りはさっきから入れ食い状態だから
当然と言えば当然。

それから夕方まで
ときどき小クラッシュをしながらも
調子よく釣果をあげていく。
15匹ほど釣り上げ
だいぶ投げ方にも慣れてきた、と油断したつもりは
なかったのだが
着水サミングのタイミング大幅に遅れてしまった。
おそるおそるリールをみると
がび~ん。
こ、これは、見るからに再起不能状態。
とりあえず、ジーとラインを引き出すが
挟まってまったく動かなくなってしもうた。
5分ほど緩めたり、ひっぱったり格闘していたが
そのうち、ぶちっ・・・・・あああああ
あわてて仕掛け側のラインを掴み
しょんぼり回収。
すると3本針にあじが3匹かかっていたとさ。

今回の幕切れもこれ。
Dsc_0226









さすがに、悔しいのでスピニングの準備。
6時半まで10匹ほど追釣して
今日の釣はお終いとした。
それにしても、楽さん。
今回は、ほんとにたくさん教えていただき
ありがとうございました。
前回の釣行に較べ
自分でもだいぶ投げ方が良くなったと実感しています。
これに懲りずに、できたらまたお願いいたします。

それと、私の左隣にいた方もとても親切な方でしたね。
夏場は伊豆で両軸遠投されていると言ってましたが
たまに見るに見かねて教えてもらいました。

両軸マスターへの道、まだまだ入口ですが
更に両軸に慣れ、次回パワーアップしたいと思います。
Dsc_0227










天気     晴れ
風      南西強風(両軸を習うような日じゃないと言われた)
波     1.5m
潮     大潮
釣果   RGあじ 30匹(足裏メジナは、いただきもの)

2013年1月 5日 (土)

ほろにが両軸debut

2013年1月4日

あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

1月4日さっそく初釣りに行ってきました。
といっても、釣りは息子にまかせて
自分は、はじめてのこれ。
Dsc_0219









今年は自分の釣行スタイルにあった
両軸をマスターするのである。
リールはAbu6500C、竿はDAIWA製4-53。
インターネットや市販本で、投げ方は頭にはいっている。
はじめてで着水が見えないと投げられないので、今日は昼間釣行。

とりあえず、ブレーキをいっぱい締め、針を付けないで
おそるおそる投げてみる。着水時にサミングすると
おー
とりあえずクラッシュしないで飛んだ。
飛距離は、・・・20m(笑)
数回投げてみたが、クラッシュしないので
こんどは、勢いをつけて えいやー 
すると、仕掛けは目の前に落ちて・・・
あららら、リールの中がぐちゃくちゃ。
やっちまった。
まあ、初心者なので仕方ない。
ラインを引きずり出しクラッシュを治す。
どうも、おもいっきり投げるのは、まだ早いようだ。
そこで、力まず投げると上手く飛んで行ってくれる。
数回投げてもクラッシュせず、30mほど飛んだので
こんどは、ブレーキを緩めてみる。
すると・・・・
あいたたたたた、痛・・・
今度は、大クラッシュ。
30分ほどかかって、ようやくリセット完了。
息子をみると
一投目から、ずーと入れ食い状況。
う~ん、スピニング恐るべし。
2時間ほど投げ練をして、とりあえず30mほど飛ぶので
今度は吹き流しサビキを付けて投げる。
しかし、もう少し遠投しないとここは食いが悪い。
つい、力んでしまうと
またもやクラッシュ。
ふ~、いらいらいらいら~。
4時頃、ようやくアジがヒット。
とりあえず、両軸で記念の1匹目。
そのあとも、手前で5匹ほどゲットしたが
どうも、飛距離が物足りない。
ということで、敢えてブレーキを緩め、勢いよくぶん投げてみた。

・・・
・・・
・・・

Dsc_0222









写真はそうでもないが
実際は再起不能。
完全に戦意喪失のため
今日の釣りは、これでお終い。
右隣のおっちゃんがスピニングで気持ち良く遠投しているのを見て
さらに気が落ち込む。

くっそ~
次回から仕掛けを大幅に見直しじゃ。
作戦は頭に入っているので
今週は両軸専用色仕掛けをつくるぞ!

ところで、息子をみると相変わらず
入れ食い状態が続いている。
自分は息子のアシストをしながら両軸の片付け。
トホホ・・・

6時少し食いが落ちてきたので
これにて、本日の釣りは終了。

釣果は、
Dsc_0223









あじ 75匹
サイズは、ほとんど20cm前後

自分が釣ったのは5匹だけ。
ほろにがい両軸デビューでした。

天気       晴れ
風         北西
波         1m
潮         小潮

Sdsc_0224




« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »