フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

潮位表

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2011年8月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

釣りおさめ

12月29日
4か月ぶりに竿をだしてきた。
行先はHGの南の小さな港。

13時に港に着いて海の様子をみると
ちょうど良い波が押し寄せてきている。。
風もぜんぜん問題なし、ノープロブレム。

先釣者のカゴ釣り師に聞くと
今も小あじがあがってるとのこと。

このコンディションといい、あじの活性といい
うん、いける、今日は大漁間違いなしじゃ!

てなことで、とりあえず腹ごしらえ。
コンビニ弁当だって
天気の良い日に海辺で食べたら最高だ。

腹もいっぱいになって
眠気が襲ってくるが久しぶりなのでさっそく準備にとりかかる。

第一投は2時。
小あじでもいいからバンバンあがれよ~



どういうことですか。
1時間やって何も反応なし。
さらに1時間



昼過ぎの小あじは、
いったいどこ行った。

4時過ぎ。
ウキがスコーンで沈んだ。
きたー
それもかなりいい引きだ。
脳裏に「尺」の文字が、
慎重に引き寄せ
堤防上に一気にあげると

なんだ、このまだら模様は。
尺はあろうかという、アイゴちゃん。
がっくし。
とげに気を付けて丁重にお帰りいただいた。

この時期の暗くなるのは早い。
4時半になると
向かいの山に陽が沈み一気に暗くなる。

おい、小あじはどこ行った。
とぼやいていると
5時を過ぎてやっときました。
沈まなかったウキが、いきなりスパッと沈み込む。
おーたまらん、
これこれ、これぞあじ釣り!
夕マヅメが始まり入れ食いモード突入。
仕掛けをカゴからサビキへ変えようかと思ったが
時間がもったいないのでそのまま続行。
このまま入食いモードが続くと思いきや
15匹ほど釣り上げたところで
いきなりストップ。
わずか30分の夕マヅメが終了。

その後、30分ほど粘ったが反応がないので
吹き流しをチェンジ。
するとここから一投一匹のはじまりだ。
入れ食いではないのですぐにはかからないが
確実に一投で一匹以上仕留める。

付けエサは、初めはバイオ。
これで数を稼ぎ、ある程度釣れたら
お次は青イソへ。
と言っても今日用意したのはマルキューの偽物青イソ。
こんなんで釣れるかと思っていたら
まあ、本物とあまり釣果は変わらないようで取り合えす合格点。
ほんとはデカあじを期待していたがまあ良いでしょう。
(私はマルキューといっさい関係のある者でありません。)

そんな感じで調子よく釣り上げいたら、
10時頃になると急に腰が重くなってきた。
久しぶりだし、寒いのでしょうがないなと思っていたが
11時頃になると腰が悲鳴があげはじめた。
いかん、これ以上無理をすると帰れなくなる。
30年らいの腰痛持ちなので、やばい感じがわかるのだ。

腰をだましだまし無理しない無理しないと言い聞かせながら
なんとかこませ切れの1時半まで竿を振って
今年の釣りはこれで終了。
腰もなんとかもってくれたようだ。

肝心の釣果は
夕マヅメが終わってからほとんど釣れっぱなし。
ちょっとサイズは小さいけど
25cmクラスが10匹ほど混じって
納得のいく釣り納めとなった。

今回の釣行ではmobaraさんをはじめ、totoさん、TAKAさん、rickeyさん
とご一緒でした。
小生、ほんとに無愛想ですみません。またご一緒しましょう。


平成22年は、今回を入れて釣行回数が9回。
ほんとはもっと行きたいのですが
平成23年も少なくなりそうです。
しかし、少ない機会でもビシッと大漁めざしていこうと思っています。

と云うことで
今年もこれで最後のブログのアップとなります。
ことし一年間お世話になりありがとうございました。
新しい年も少しずつですがアップしていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

それでは新年が皆様にとってすばらしい年でありますように
そして大漁でありますようにお祈り申し上げます。

                   べっちゃん

P1010002_2 

P1010004_2 

天気       晴れ
風        北西
波        1.5m
潮        小潮

今回の釣果     90匹
2010年累計    473匹
2010年釣行回数   9回

« 2010年9月 | トップページ | 2011年8月 »