フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮位表

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月29日 (日)

釣果は晴れ後雨

11月27日金曜日。
今回は久々の金曜釣行。
天気も良いし、暖かいしコンディションはベスト。

昼過ぎに外房某港到着。
コンビニ弁当を食べて
読書をしてまったりとした時間を過ごす。

3時をまわり準備開始。
4号竿に前回紹介した仕掛けをセット。
吹き流し用のサビキはG社7号魚皮3-1.5。

3時半頃より投げ始め
せっせせっせとコマセを撒く。

4時をまわり、陽も傾きそろそろかな
思いながら投入を繰り返すが
まったく反応がない。
ちょっと前まであれだけたくさんいたフグさえ
食い付いてこない。

5時。あたりはもう暗くなり
一番ウキが見づらい時間帯。

今日も夕マヅメ無しかとをあきらめていたら
着水したウキが浮いてこない。
???
からまったかと思い回収しようとすると
竿がゴンゴン言っている。
ありゃ、入れ食いじゃないですか。
上がってきたのは20cm強のグッドサイズなアジ。

ここから夕マヅメラッシュ。
とにかく今年の夕マヅメは短時間。
30分続くことがほとんどないので
大急ぎで投入。
ウキが立ち、竿を煽ってコマセを出す。
するとウキがスーと海中に沈んでいく。
サイズもほとんどが20cm以上なので
引き味も申し分ない。

汗をかきながら投入を繰り返す。
急げ急げ!
30分ほど経ち15,6匹釣れて入れ食い終了。
もっと続けば良いんですが
やっぱり30分足らずでおしまい。

その後は、あたりが無いので
棚をめいっぱい深く取りじっくりと待つ。
ときどき竿を煽ってコマセを出してやる。
これを繰り返し
2,3投に1匹のペースで釣果を伸ばす。

9時ころまではそんなペースでいたが
その後は、まるっきりで
どんなにいろいろ試してもあたりがない。
この入り江からアジが居なくなってしまったようで
たまに顔をみせるのはハタンポ君くらい。

それでも12時まで粘ってみたが
さすがにもう降参。これにて納竿とした。

しかし9時を堺にしてこうも変わるとは。
ほんと晴後雨という感じ。
9時以降まったく釣れなかったので
釣果も20くらいかなと思っていたけど
帰って数えてみたら31匹と
意外と良い結果でした。


Imgp0615 











天気        晴れ
風         南西
波         1m
潮         長潮

今回の釣果        31匹
2009年累計       926匹
2009年釣行回数     32回
Imgp0617










サイズもほとんどこのくらいなので
ボリューム感たっぷりです。

2009年11月23日 (月)

かご小補強

先週に引き続き
今週もいろいろと用事があり休漁でした。

ということで何も報告がありませんので
以前からアップしようと思っていた
「かご」について少々。

と言ってもぜんぜん大したことではありません。
市販品をほんのちょっと補強しているだけです。
しかし、この補強でかなり長持ちしますよ。

下の写真がいつも使っているピンクかご。
色仕掛けの命名はここからきている。
なんてことは、どうでもよろし。
コマセを入れる開閉部(蝶番)を
番線(SUS#18~20)で巻いてあげるだけOK。
こんな感じ。
Imgp0610












次の写真は、錘内蔵型。Imgp0612














3号の丸錘を同じくSUS番線で
固定する。コマセ口を開けると
こんな感じ。
Imgp0613












番線の端は後で丸めておきましょう。
錘は、ウキに合わせて何号でもOKですので、それぞれ合わせて作って下さい。

こんなんで補強になるかと思うかもしれませんが、実際かなり長持ちして使っています。
ただ、岸壁やテトラやぶつけると もちろんアウトですけど。

PS.
左下にある国盗りカウンターが真っ赤になりました。
戦国武将よろしく、天下統一したようです。

2009年11月 8日 (日)

シブデカ

11月7日、とある港。
日中からの爆釣を目論み3時前より開始。
しかし

・・・

1匹目のアジがきたのが5時前。
すわっ、夕マズメかと思ったが
3匹で終了・・・
でも、サイズは文句無し。
デカい!

その後は忘れた頃にウキが沈む程度。
先週よりかなり活性が低い。
喰いも浅く、すっぽ抜けも数回。
渋い、しかし上がればデカい。

8時ころ、金ちゃんさん来られ隣で投げることに。
が、この時間になるとさらにシブシブに。
1時間以上ウキがぴくりともしない。

10時前、
久々にいいあたりが。
これまたデカ!

数投後、
またしてもドカーンあたり。
うひょー重いー
Imgp0609












その後も渋い状態が続き
もう限界。
24時撤収とした。
それにしても、活性が低い。
そういえば、20cm強のムツが釣れたが
水温が下がったのだろうか。

釣ったアジは、今回はすべ開きに。
ちびりちびり やりながらのツマミはこれが一番いい。
Imgp0606












天気        晴れ
風         北東
波         1.5m
潮          中潮
Imgp0599











今回の釣果        19匹
2009年累計       895匹
2009年釣行回数     31回

2009年11月 1日 (日)

ライントラブルの原因は

10月31日
今回はHGへ行って来た。
風が少しあったが、天気も波も問題ない。
なんせ先週のコンディションが悪かったので
余計に良く感じる。

夕方、まずはサビキから。
ここのところ活性が高いのでサビキに鈴なりを目論む。

・・・

そんなにあまくまかった。
7時までで3匹。
サバとフグはめちゃくちゃ大漁なんだがなぁ。

カゴ仕掛けに替えても
しばらくポツポツ状態。

やっと喰い上がってきたのは8時ころ。
一投一匹ペースだ。
ただサイズが先週に比べ一回り小さい。

いいペースで上げていたら
なんと巻き上げ途中PEラインがブチッ
ガビーン!高切れだ。
せっかくこれからだという時に。

切れてしまったものはしょうがない。
気を取り直してリセット。

1時間くらいして
今度は巻き上げるリールが重くなる。
???

よーくラインを見ると
なんとささくれてボロボロになってる。
やばー
次投げてたら、また仕掛け一式ぶっ飛んで行くとこだった。

なんでこうなる???

とりあえず、これ以上この竿を使うのは危険なので
別な竿に交換することに。

その後は、問題なく投げる事ができたが
アジのペースはあがらずじまい。

2時半、なんだか気合いも中途半端、
眠気もおそってきたのでこれで納竿することにした。

翌日、
トラブルの原因は何か。
ブルズアイ4号竿のトップをよーく見ると
Imgp0593












なんだか、ピンボケで良く見えないが
割れ目が入っていた。

Imgp0589












中にある黄色のコレ。
コレもたくさんすじが入っていた。
長いこと酷使してので
あちこちボロボロ。
さっそく、部品を注文。
この竿、自分は大変気に入っているので
これからも大切にしていこう!

Imgp0584












夜中に捌いて
日中天日干し。

Imgp0587












出来具合は


Imgp0596











めっちゃ
ウマソー


天気           晴れ
風            北東ー北 やや強 
波            1.5m
潮            大潮

今回の釣果      42匹
2009年累計     876匹
釣行回数        30回

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »