フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

潮位表

無料ブログはココログ

« 復調の兆し? | トップページ | 平日抜駆け撃沈釣行 »

2009年2月 1日 (日)

防水カバーに拡散キャップ

2月1日、日曜日。
良い天気なんだが・・・
大時化のため出漁取りやめで
くすぶっております。

さて、今週は以前から改良しようと
思っていたマイデンウキの防水カバーと
拡散キャップについて少々。

これまで使っていたのがこれ。
Imgp0100








LEDに直接拡散キャップを取り付けいる。
防水カバーに入れ点灯させると
Imgp0099







φ3なので光源が小さい。
そこで、防水カバーの先端にφ5用の
拡散キャップを取り付けてみた。
こんな感じだ。
Imgp0102








点灯させてみると
Imgp0097







φ5用なので光る面が大きくなった。
ふたつ並べてみると
Imgp0096







左が防水カバーにφ5を取り付けたものだ。

写真では分かりづらいが、防水カバーに取り付けたものは
面が大きくなり見やすくなった。

次回の釣行で試してみることにしよう!

« 復調の兆し? | トップページ | 平日抜駆け撃沈釣行 »

道具」カテゴリの記事

コメント

べっちゃん
この強風(コンディション)じゃぁ・・・
釣りにならないネ(汗)
ところで、
マイ電気ウキ(拡散キャップ)
Φ3の方が、輝度は高そう!
しかし、
Φ5の方が、光量(光束)は多そう!
電気ウキの場合...
輝度より光量が多い方が有利かも?
いくら明るくても発光面積が小さいと目立たないと思います。
かといって、
あまり拡散させても暗くなるし・・・
たぶん?
一番効率が良いところがあるんだろうネ!

mobaraさん、こんにちは。
おっしゃる通りで
輝度と発光面積のバランスです。
できたらφ5用の拡散キャップより
もう少し大きい方がいいのかな
思ってますが、なかなか
材料が見つかりません。
先日、蛍光チューブで試しましたが
どうも拡散がイマイチ。
とうぶん今回紹介した形で
やってみます。
ところで拡散キャップ用の
生地は売ってないんでしょうかねぇー

こんばんは。
私も自作してました。
目が悪いので私はΦ3では無理なので
Φ5を使っています。
明るくするのは難しいですね。

のび太さん、こんにちは。
φ3は確かに小さいです。
ですけど全体に小さくできるので
小さなウキにも使えます。
3~4号のウキに差してもいけるので
仕掛け全体をライトにできますよ。
ただ明るくすること、遠くから見ても
明るく見えるようにすることは
確かに難しいですね。

おはようございます。

私は、蛍光塗料を防水カバーに塗っていました。
(現在はそのまま塗らずですが、オレンジとかそろえるが大変なので、赤だけ塗っています。)
曲がるストローの蛇腹の部分も使えます(5φの場合)
少し長めになりますが、伸ばして曲げてやると結構見えます。
安い事だけが取りえみたいなものですが・・・。
データシートでは、3φも5φも元は同じ様です。
光学的にレンズが大きいか小さいだけみたいですね。

toto&kakaさん、こんにちは。
蛍光塗料は私も用意したのですが
光の拡散がないように思いました。
塗るのも面倒なんです(ダメですね)
ストローですか!
なるほど参考にさせて下さい。
φ3も5も同じでなんですね。
確認してませんでした(汗)
同じなら上手に拡散させてやることが
ポイントになるんですね。
実は昨晩平日釣行に行ってきました。
あとでブログアップしますが、
けっこう明るくてgoodでした。
釣果は・・・(泣)でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復調の兆し? | トップページ | 平日抜駆け撃沈釣行 »