フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮位表

無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月26日 (日)

尺あじ

10月25日土曜日。
今回は午後からのんびり出発。
昨日の時化が心配だったが、3時半ころHG港に着いてみると
さほど波もなくなんとか釣りができそうだ。
とりあえず堤防上を偵察に行くと
すでに良竿さんが内側で竿を振っている。
様子をうかがうとあたりはあるが、食いが浅いのか
何度もバラシているらしい。
すぐにも時合いが来るかもしれないようすなので
あわてて道具を取りに戻り、良竿さんの隣に入らせてもらった。

第一投は4時過ぎ。
とりあえず内側にサビキを投げてみたがピクリともせず。
波もなく風も穏やかな薄曇りの夕方。
ぜったい釣れそうな感じなんだがまったく反応がない。
外側はどうかと投げてみるが、こちらも全く同じ。

そのうち刺し網漁の船が近づいてきて目の前に網を投入しはじめた。
ウケの位置はというと、なんと真正面。
潮の流れで次第に右に流されていったがそれでも要注意だ。

5時過ぎサビキをあきらめカゴ釣りに。
流しようのサビキは、魚皮7号。
いつも通りに投げるとどうもウキの様子がおかしい。
回収するとサビキがウキにからまっている。
次もまたからまり、またその次も?
仕掛けはいつもと一緒なんだが・・・
とよく見ると違うのがひとつ。
いつもよりおおきなからまん棒を取り付けていた。
これをいつものサイズに戻してやると
あら不思議、からまりがピタリと治まった。
からまん棒は、でかければいいってもんじゃないようです。

臨戦態勢も整い数投、ウキが気持ちよく沈み込んだ。
上げてみると20cmちょいの型の良いあじだ。
時合いが来たかと鼻の穴全開にして待つがどうもイマイチ。
3投に1匹くらいのペース。
暗くなり始めマイデンウキを装着した頃、やっと勢いが出てきた。
時合いだ、時合いだ、気合いだ、気合いだ?
と雄叫びながら良いペースで釣り上げる。
サイズもほとんど20cm前後で申し分なし。

7時過ぎると時合いも終わり、ポツリポツリとなってきた。
昨晩も夜はあまり良くなかったと聞いたが
なんか今日もそんな感じが。

ポツポツ追釣していた中、8時頃久しぶりに良いあたり。
竿がグーンと持って行かれるような暴れん坊、
慎重に引き寄せてきたが、手前のウケに絡まって痛恨のバラシ。
くやち~
おまけに仕掛けが完全に引っかかってしまい高切れのダブルパンチ(泣)
チックショーとぼやいてみるも・・・
今日はでかいのがいる、チャンスじゃ。
と前向きに思っていたがその後もまたポツポツ。

逆に8時から9時にかけては更に渋くなり1匹だけ。
潮が引き、流れがかなり速くなってきたのが原因のようだ。
そんな中、良竿さんが納竿されて場所を譲ってもらうことにした。
といっても3mほど左に移動しただけ。
それでもウケをあまり気にしないで投げられるようになった。

移動後数投、RGサイズがヒット。
またポツポツ程度だが喰ってきた。

10時過ぎ、今日のその時がやってきた。
ボーとウキを見ていたらスポーンと沈むと同時に竿が海へ引っ張られるあたりが。
気合いだ気合いだ気合いだ、オリャーと気合いが入る。
4号竿がグイーンとしなり下へ下へと持って行かれる。
なんとか凌ぎ、慎重に引き寄せやっと10mほど手前までもってきたが
そこでまた下に突っ込もうと大暴れ。
あまり無理をするとバレそうだしヒヤヒヤしながらエイヤッと堤防上に引き上げ
ランディング大成功。大暴れした犯人はこいつだ。
P1010009















いや~、やっと念願の尺あじにお目見えすることができた。
遠投して、引き寄せて、テトラの間を抜き上げるスリリング。
もう、たまりませんねぇー。

よーし次!2匹目のどじょう、でなくてしゃくあじじゃ!

その後も結構良い引きのあたりがあり、28cmを筆頭に
25cm前後を数匹ゲット。
P1010006















でかいのが集会を開いているのかも。
しかしなかなか先程のようなドカーンが来ない。

そんな中、12時過ぎ、きました、ドッカーン。小銃でなくバツーカ砲?
ラインを張り気味にしていたので竿がいきなりまん丸になり、
海へ放り出させられるような凄いあたり。
こいつはさっきよりでかそーだ。
ゆっくりと引き寄せると大暴れして下に潜り込む。
リールを巻こうとしても重くて回らない。なんじゃこりゃ。
とにかく重いので少し待っていると・・・
ガクン?
あれっ、リールが回る、あれれれ、軽くなってる。
仕掛けをあげてみるとエダスが1本無くなっていた。
くっそー、くやちー。

その後はドカンあたりは無く、コマセがなくなった2時までポツポツの釣果。
まあ、あまり良いコンディションでない中だったが、数もまずまず。
ましてや尺あじが釣れたのだからもう最高ですねー

P1010001















天気           曇り(夜中1時過ぎから雨)
風            北~北西
波            1.5m
潮            中潮 

今回の釣果       45匹
2008年累計     1439匹

2008年釣行回数    31回

尺あじの お造り
P1010002















..........









2008年10月19日 (日)

外房釣師会秋のオフ会と撃沈釣行

10月18日土曜日。
今日は外房釣師会秋のオフ会日。
10時開会予定のところ、9時前には続々とメンバーが集まり
もう待ってられないと9時半頃には会長の挨拶とともに
爆釣を祈願してカンパーイ!

和気あいあいと釣り談義に花を咲かせ、
いつもながら皆様の持ち寄ったたくさんの食材に舌鼓を打ちながら
おいしい飲み物をほどほどにいただいて大満足。
我が家で用意した「なんちゃって燻製タマゴ」のナラチップ熱燻も大好評?
だったようでなによりでした。
皆様、お疲れさまでした。
Cimg0953















オフ会も終わり夕方からはHG港でさっそく釣り開始。
なのだが、先週に引き続き堤防上は歩行者天国ばりの大混雑。
外側は竿を出す場所はなく、内側手前でサビキで始める。
左隣がそのべえさんとたかはしさん。右隣は隊長さんと1号さんだ。

まあ、内側でもそこそこ釣れるだろうとノンビリと構えていたのだが
いつまで経っても釣れない。
隊長さんに何回かあたりがあったが
うまく針掛かりしなかったようで途中でバレてしまいとても残念そう。
自分も1回だけウキが沈み、
これはなかなか大きそうだな~と思い引き寄せていたら
ガツンガツンと大暴れしたあと針外れ(ガックシ)
仕掛けを回収し針を見ると外側に大きく曲がっているじゃありませんか。
に・が・し・た・さ・か・なは大きかったようだ(泣)
えっ、ボラ!違います。
でかあじです。
間違いありません。
見てないけど(笑)

その後も内側で投げ続けるがまったくあたりがない。
しびれをきらし外側の一番陸側で投げてみると
左から右への流れが速い。
あっという間に右に流されて行ってしまったが
運よく回収しようとしたときウキが沈み
PEラインを通して竿に生体反応が伝わってきた。
右隣の人が投げようとしていたので急いで巻き上げ堤防上に抜き上げると
22cmほどのあじくん。
なんとかボウズ回避、フー。

その後数投外側で投げてみたが
あまりに流れが速く投げて1分も持たない。
つーか、沖を見るとBIG WAVEが折れて白波(焼酎ではありません)が
渦巻いていて、堤防際は流れでまっ白だ。
この状況は、そう、この港でこの流れはまったく釣れないのだ。
何回もこの状況で粘ったことがあるが
釣れたためしがない。

あきらめて内側で投げていると
外側先端で竿を出されていた良竿さんが納竿されるとのこと。
内外どちらも厳しい状況だがあとに入れてもらうことに。
沖に向かってエイヤっと投げてみると
やはり流れが速い。
気をつけていないと右側の赤旗にすぐにひっかかってしまいそうだ。

そんな中、ようやっとムツを含め5匹ほどゲット。
8時頃になると、左隣の渡り鳥さんも納竿され堤防上が寂しくなる。
でも、それが大正解だったようです。
このあとは更に波が高くなりBIGWAVEが頻発するように。
それに伴って流れが一段と速くなり
これではコマセを入れてもとても効かない。
おそらく底荒れもひどいことだろう。

9時、shin-peiさんが大きな港に移動して堤防上は残り数人。
なんだか気力もなくなり、あっちへ投げこっちへ投げしていたが
10時前には、とうとう堤防上1人だけ。
外側へ投げたら30秒もたず、内側に投げればいつまでも変化無し。
まいった。参りました。降参です。撃沈です。

そのうち2人ほど入釣者があったので
大量のコマセを引き取っていただき納竿することにした。

それにしても、昼間見ていた海は大して荒れていなかったが
夜にこんなに荒れるとは。ていうか、波が高くなる予報が出てたっけ?

今日は、釣り日でなくてオフ会日だったんでしょうね。

Cimg0957_2 















天気             曇り
風              北東
波              1.5~2.0m
潮              中潮

今回の釣果        5匹(ムツ1匹)
2008年 累計    1394匹  
2008年 釣行回数   30回

日曜日。
なんちゃって熱燻の反省会を家でやってみた。
Cimg0960















チップはヒッコリー。
Cimg0959















フライパンの内側をアルミホイールで覆い、ヒッコリーをガボッと入れる。
中網を置いて味付けをしたタマゴと粗挽きウインナーをのせ蓋をする。
熱すること約15分。
Cimg0958















できあがりは、
Cimg0962















ヒッコリーの煙で蒸されていい色になった。
お味の方は、
Cimg0963















マイウー!
くせになりそう。
...

2008年10月13日 (月)

メタボな秋(あじ)

10月11日土曜日。
HG港到着が12時。
一番乗りと思いきやすでに良竿さん、たかはしさんがいらした。
う~ん、この時点で気合い負けしている(笑)

どんよりとした曇り空、時より小雨が降る中
3時前にはサビキで開始。
タックルは中通し4号竿に3000番リール、カゴはいつもの色仕掛け
6号魚皮サビキにオモリが6号。

1時間ほど投げたがまったくあじのあたりがない。
時よりウキを沈めるのは手の平メジナだ。

5時頃、内側で投げていた良竿さんにあじが初ヒット。
時合いが来たかと思い外側も気合いが入る。
が時よりヒットするのは内側だけだ。
その頃mobaraさんも来られ堤防上も活気があがってきた。

内側でやられていたクロ鯛師が納竿され
スペースが空いたのを見計らい内側に投げてみる。
するとウキがサクッと沈み込み竿をガンガンと叩くあたりが。
追い喰いをさせようと時間をかけて巻き上げるがあがってきたのは1匹。
これがまたRGサイズでも丸々と肥えているメタボなあじ
思わず自分の腹をさすってみたりして。
秋になると人も魚もメタボになるんですね~って私だけ?
内側で5匹ほどゲットし外側に戻るがどうも反応がにぶい。
結局暗くなるまでツ抜けもできずマヅメが終わってしまった。

陽が完全に沈み真っ暗になるころサビキを諦めカゴ釣りに変える。
すると一投ごとにあたりがでるようになった。
これがまた良い調子で投げれば必ず食い付いてくる。
それもほとんど20cm以上に育ったあじだから、もうたまりません!
PEラインから伝わる魚信の後ウキがスパッと沈む。
そこから始まるやりとりがまたとても楽しい。
針がかりしないもの、途中でばれてしまうもの、
さらには、目の前まで来て引き上げた時”ボテ”と落ちるもの。
いろいろあるが上手く堤防上に引き上げたその瞬間がたまらなくうれしい。

9時頃だろうか、次第に北風が強くなってきた。
時たま突風となり立っているのも辛いくらいだ。
堤防上は連休中とあって釣り師で大混雑。
こんな状況でお祭りが無いはずもなく
あっちこっちでお祭りが頻発。そういう自分も3回ほど。
強風は2時頃まで続き、釣り上げるペースがかなりダウン。
この間は、時間4,5匹くらいだったろう。

2時頃風もいくぶん落ち着いてきた。
そのころちょうどhazimeさん達が到着。
空を見上げると北風が雲を飛ばし去り
満天の星空となっている。
もうこれでもか と言わんばかりの星々。
空気の澄んだ夜空はもう冬そのものだ。
この光景を見ることができるのも夜釣りの楽しみなんです。

風が落ち着き投げるのもだいぶ楽になってくると
釣果もハイペースになってきた。
入れ食い状態が続き大忙しだ。
こういう忙しさは大歓迎ですけど!

5時頃までハイペースで釣り上げていたのだが
一瞬の油断があって右側にあった赤旗に仕掛けを引っかけてしまった。
なんとか脱出を試みたのだが”ブチッ”
ハリスだけならしょうがないなと思っていたのだが
なんと完全な高切れ ガビーン
東の方角を見ると夜空がうっすらと明るくなってきている。
そろそろ朝マズメのため、この機にサビキへリレーすることに。
Cimg0950















6時頃までサビキを投げてみたが、どうもいまいち。
結局朝マヅメにサビキで釣り上げたのは5匹ほど。
さらに明るくなるとあじのあたりも無くなってしまった。
堤防上はちょうど入釣してくる人達で大混雑になってきたので
これで納竿することにした。

しかし今日はよく釣れたな~とクーラーボックスを覗くと
サイズが良かったのでほぼ満タンだ。
片手でクーラーを持つとずっしりと重い。
かなり眠かったが機嫌良く片付けをし
良竿さん、mobaraさん、hazimeさんに挨拶をして帰路についた。

今回は久々朝までの完徹。
さすがにくたびれてその日のブログアップができなかった。

今朝は昨晩開いたあじを天日干し。
今晩は、あじの開きでおいしいお酒が飲めそうです!
P10100021















写真はお裾分け後、カイズは頂きものです。
P1010002















天気        曇りのち晴れ
風         夜になって北風(強)
波         1m
潮         中潮

今回の釣果          96匹
2008年 累計      1389匹
2008年 釣行回数     29回

....    

2008年10月 5日 (日)

自作サビキ

今週は所用のため釣りは休み。
その所用と釣りとどちらが大事か。
個人的には釣りなのだが世間一般ではそうはいかないようだ。

そこで今週は自作サビキの続き。
前回作ったピンクスキンサビキ、
先週試してみて何匹かは食い付いてきたのだがどうもイマイチ。

そこでこんどは魚皮サビキを作ってみた。
P1010001















上が魚皮サビキ。
左上から ハリス1.5号、アジ針7号の2本針
中     ハリス1.5号、アジ針8号の2本針
右     ハリス2号、アジ針8号の2本針            
P1010005















P1010004















不器用な私にしては、かなりの完成度!
(実は自動糸結び機を使いました)
来週はこれで爆釣間違いなし!
って、上手くいけばいいんですが。

おまけ
下二つは左がピンクスキン、右が蛍光スキン。
P1010002















P1010003



















................

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »