« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月27日 (日)

お休み

今週末は、仕事のため
不本意ながら出漁できませんでした。
3月末まで釣行できるか
非常に厳しい状況です(泣)

みなさま、代わりと言ってはなんですが
いっぱい釣って来て下さい。
また状況も教えていただけたら幸いです。
寒いので防寒対策はしっかりと!

せっかくマイデンウキ作ったのに。
ちっくしょ~、行きたいよ~!

       爆発寸前@べっちゃん

2008年1月20日 (日)

電気ウキ

1月20日、日曜日。
ちょっと寒いが風も穏やかで天気もまずまず。
いつもなら昨日の釣果をブログにシコシコ書いているところだが
昨日は仕事で出漁できず、
明日も早いため今日の出漁も見合わせとなってしまった。
本人、だいぶ凹んでおります。

ということで今日は釣行ネタが無いので
マイデンウキについて少々。

mobaraさんにいろいろ教えていただき
自作電気ウキに挑戦。
準備した材料はこれ。
Photo
上からLED用拡散キャップ
広角LED60°(赤)
電池BR435
被覆銅線(芯を抜いたもの5mm)
固定用のケース(被覆銅線と電池が収まればなんでもOK)

これらを取付け点灯させたのがこれ。
Photo_2
右が拡散キャップ無し、左が拡散キャップを取り付けたもの。
光の拡散の違いがよ~くわかる。
(両側に置いてある物は防水用のケース)
暗くして見るとこんな感じだ。
Photo_3
防水ケースに入れるとこんな感じ。
Photo_4
左のキャップを取り付けてあるのはあまり変わらないが
右のキャップ無しの方は
ケースに入れることにより
光の拡散が丸く広がっている。
暗くして見ると
Photo_5
防水ケースのいたずらでキャップ無しの方が拡散しているようだ。

次回は、キャップなしでやってみることにしよう!

釣り場で、異様に明るいウキがあったら
それは私のウキかも知れませんよ!

2008年1月14日 (月)

激寒・強風のKU港

1月13日
今日は好調が続いているらしいKU港へ行ってみることに。
13時頃タンク前に行くと
izuさんがすでに竿を出している。
挨拶をし右隣に入れてもらうことに。
Photo















荷物を運び談笑していると
早いときは3時頃から釣れ始めることもあるとのこと。
のんびりしてる時間がないので
すぐに昼食をすませ準備にとりかかる。
しかし、今日は風が強く寒ーい。
右斜め正面からびゅーびゅーと吹き付けてくる。
防寒対策はばっちりなのだが、
顔と指先が凍りつくようだ。
指が固まってしまってシモリ玉の穴にラインが
なかなか入らない(イライラ)

準備も終わり市場前をウロウロしていると
のび太さんがいらして
製氷所の方が釣れだしているようなので
そちらに行くとのこと。
Photo_2
向こうが釣れ始めたのなら
こちらもだろうと
すぐにサビキではじめる。
数投するが、こちらはなんにも釣れない。
右斜め正面からの強風で
遠投するも途中から失速して左へ流されていく。
右45°に向かって投げて着地がほぼ正面(ちょっとおおげさ)

数投後、ウキがスススーと沈み込んだ。
巻き上げ引き寄せると勢いよく横に走り出す。
強引に引き上げると25cmくらいのサバ。
外道だが、何にも釣れてないのでとりあえずキープ。
その後また沈黙。投練しているようだ。

4時頃やっとウキが沈み込んだ。
巻き込むとまた横走り。
サバ、2匹目キープ。
サバでもなんでも釣れればやっぱりうれしい。
がまたもや沈黙の時間。

5時前のび太さんがきて
製氷所前では入れ食いだったようで
50匹ほど釣ったとのこと。
追い食いさせて6匹もあったようだ。
同じ港の直線上なのにこんなに状況が違うとは。
摩訶不思議!

5時のチャイムが遠くでなり始めた時
ウキがスポッと沈み込んだ。
今度は横走りしない。
やっと待望のアジ君登場!
次もウキが馴染むとすぐに食いついてきた。
待ってました!夕マヅメの始まりだ。

薄暗くなり、ウキが見づらくなったため
電気ウキを取り出す。
じゃ~ん!
ウフ、そっ
mobaraさんの電気ウキにならって作った試作品だ。
防水がちょっと不安だったが
数投してもぜんぜん問題なし。
ひろい海に燦然と輝くマイデンウキ!
おおおー、ちょー明るいでんがな。
たいして遠投しているわけではないけど
これなら十分(mobaraさんアリガトウゴザイマシタ)

と自己満足に浸っていた訳であるが
ず~と電ウキの明かりが見えている
ということは
ず~と釣れてないということ。
だめじゃん!

寒いし、風は強いし、釣れないし。
7時過ぎizuさんが納竿して
まわりの人もぽつぽつ帰っていく。

鼻水を垂らし、もう帰ろうかと思っていた8時頃
電ウキがゆっくりと沈み
竿先がかすかに震え出した。
ゆっくりとひきあげると
金色をしたアジ。
そういえば、今日釣れたアジは
H堤に比べ魚体が金色をしている。

9時、風は一向に収まらず
海面ではウサギが跳ね回っている。
さすがに粘る気力もなくなり
今日はこれにておしまい。

数はあまり釣れなかったが、
今日の収穫はなんといっても
電気ウキ。
次回は違う場所で
ドリャーと遠投して明るさを見てみよう!
P1010050

天気     曇り
風       北(強風でウサギが)
波       風波(港内)

今回の釣果   18匹
今年釣ったアジ 96匹
釣行回数     2回(H堤1,KU1)

.............

2008年1月 5日 (土)

初釣りに行ってきました

平成20年の初釣りは、5日の予定だったが
4日まるまる空いたためきゅうきょ初釣りに行ってきました。

昼過ぎ、H堤に向かう途中メールがあり
今朝のH堤は厳しかったとのこと。
どうする?
初釣りなのでここはやはりH堤でしょ!
てなことで1時に到着。
堤防上はクロやメジナ狙いの人でいっぱいだ。

ちょうど外側が空いていたので釣り座を確保し
ゆっくりと昼食タイム。
この間買ったガスボンベを取り出し
暖かいカップラーメンを!暖かければ
なんだってマイウーなのだ。

3時頃、釣師会のすぎさんが到着。
挨拶をしいろいろ釣り談義。
というより、いろいろ教えていただきました。
アリガトウゴザイマシタ!

周りはまだ明るいが4時からサビキにて開始。
まったく反応無し。
ひたすら投げ続けていたが、まったく釣れそうにない。
今日は波も流れもなく、ウキがその場でじっとしている。

暗くなる前、サビキを諦め
魚皮3本針のカゴふかせにチェンジ。
一投目。
ウキが見づらい時間帯。
ウキはどこだどこだ と探していたら
竿先がブルブルと震えている。
ウキのありかも分からず巻き上げると
なんと3匹のパーフェクト!
うち1匹はジンタだがあとはRGサイズ。
さい先良しだ。

ここからは、もう入れ食い状態!
また、サビキに換えようか迷ったが
時間がもったいない。
小一時間で25匹ほど釣れ
初釣りから束釣りの予感が!
ムフ、こいつは正月から縁起がいいわい!
などと妄想していると徐々にあたりが少なくなってきた。

それでも11時頃までは、ほとんど一投一匹ペース。
途中、しろボルボさんが見えられご挨拶。
初対面だったのに挨拶もそこそこに釣りに熱中してしまい
すみませんでした。

サイズは暮れに釣った時と同じでRG+2~3cm。
申し分無しだ。
できれば大台(尺)がくればと鼻息を荒げていた12時頃
竿先をガツンガツンたたくあたりが!
ブルブルではない。ガンガン響いてくるあたりだ。
慎重にやりとりしテトラの間から上げようとしたら
テトラ下に潜り込まれてしまい痛恨のバラシ。
がっくし。またしても逃してしまった。

それ以降は、ほんとんどあたりが無くなり
差し餌に換えてやると少し食いがあがったが
2時頃になるとパッタリと食いが止まってしまった。
このまま続けても今日はもうダメだろう。
と思ってから30分粘ったがまったくダメで
今回はこれにて終了。

初釣りにしては出来過ぎの釣果でした!
P1060047















天気     晴れ
風      北(微風)
波      ほとんどなし
潮      小潮(澄み潮で水底の石がみえるほど透明)

今回のアジ釣果      78匹
2008年釣行回数      1回目

2008年1月 1日 (火)

賀正

新年あけましておめでとうございます

旧年中はたくさんの皆様にお世話になりありがとうございました。
今年もいっぱいアジを釣って拙いブログですが続けていきたいと思っております。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年こそ尺アジを釣るぞー

                         べっちゃん

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »