フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

潮位表

無料ブログはココログ

2018年3月31日 (土)

今年のヒラヒラ1枚目

3月31日

前回のブログアップから1度外房に行ったが丸坊主。
それ以外の週末はまじめに仕事に精を出していました、うん、たぶん。

早朝6時。
南房サーフに着くと既に15人くらいやっている。
出遅れを取り戻すべく超スピードで準備していつもの場所でファイトスタート。

始めて1時間。まったく気配なし。
目の前をウミウが潜ったり浮いたり。
一生懸命小魚を探している。
どうやら、ベイトもいないようだ。
天気は良いし、波も穏やかで、コンディションだけは最高なんだが。
Dsc_19642















まったく反応がないのでここはあきらめて移動することに。
といっても200mくらい歩くだけだが。
こちらは底に藻クズが多く一投ごとに針にからまってくる。
どうやら手前に溜まっているようなのでルアーを遠投用に交換。

すると数投目、竿が一瞬ガガガガガと引っ張られたが直ぐに収まってしまった。
うん、なんだ、フッキングもせず巻き上げると軽くなったり重くなったり。
デカイ藻をひっかけたかなと思っていると
手前まできたらバタバタ暴れ始めるではないですか。
本命確定(o^-^o)
ここからは慎重に波を見ながら引き寄せ
波打ち際まできたら、最後の一波で砂浜へ一気にランディング。
よ~し、ゲットだぜfish
Dsc_1967














やっと40オーバーというところ。
それでも、今年1枚目なので良しとしましょう。
まだ時間は8時、2枚目をめざし再開。
ただそんなにうまくいくはずもなく
疲れたので9時半に撤収した。

今回は自分は運よくひらひらをゲットしたが、
まわりは上がっていないようだった。
南房サーフは、まだまだシーズンインとは言えなさそう。
もう少し海水温があがる今後に期待というところです。

2018年2月 4日 (日)

南房サーフで久しぶりの釣果

2月4日

昨年末から絶不調でまともな釣果なし。
おまけに風邪をこじらし
週末は寝てばかりだったが
久しぶりに釣りに行ってきた。

場所は南房某サーフ
Dsc_17342














日の出前にサーフに立つと
波がけっこうあるが投げるのには問題なし。
濁りが少し気になるが、まあ大丈夫だろう。
この広いサーフに釣り人は10人ほど。
場所は選び放題じゃ。
6時過ぎからキャスト開始。
だんだん空も明るくなりホットタイムの始まりだ。
とにかく投げる、投げる、投げる・・・

1時間経過。
ベイトの気配が全くない。
鳥もいないし、ましてボイルなんてぜんぜん。
ほかの釣り人たちは、一人、また一人と居なくなる。
こりゃ~いかんな。
完全に弱気モードになって
帰りの時間を考え出す。
しかし、せっかく久しぶりにきたので
とりあえず8時までやることに決めて
だらだらと投げ続ける。

ルーチンワークのように繰り返し投げ
ふと時計を見るとすでに8時をまわっている。
これでラストと言いながら数回投げたところ、
着水後糸ふけを取って巻き上げた瞬間、
ゴンゴンゴン、と竿をたたくあたりが。
おーし、きたきたきたきたああああーーー
波を見ながら慎重に手前に引き寄せると
うん、なんじゃ、平じゃなく長いじゃないですか。
まあ、釣れればなんでも良しなんで
最後は波に乗せてランディング。すると
Dsc_17362














60cm弱のマゴチでした。
もう今日はボウズと思っていたので
うれしさ一入ですよ。
久しぶりに魚を釣って気分が良くなり
2匹目を目指そうとしたら
水を差すように雨がポロポロ
う~ん、もう少し投げようかと思っていたが
冬の雨はきついのでこれにて納竿とすることにした。

さて、今回はもちろんターゲットはヒラメだったわけだが
なかなか上手くいかない。
来週は3連休があるのでなんとかしたいものです。

2017年11月19日 (日)

ころんでもただじゃおきないの巻

11月19日 日曜日

午前6時南房某サーフに立つと
風はそれほどでもないのだが波が高い。
でもまあこれくらいなら何とかなりそうである。
それはともかく、見渡すと釣り人が一人も居ない。
ムムム、これはまさか・・・やっちまったかな。
今シーズンのサーフ開幕戦のつもりで来たのだが。
Dsc_1631















せっかくきたのでとりあえずやってみる。
こんな広いサーフを独り占めだ。
川の流れこみ付近から始めて、好き放題にランガン。
しかし、移動し過ぎてすぐ疲れてしまう。
人がいないのも善し悪しだな。
8時、ランガンにくたびれ果て、あえなくずっこけ撃沈。
むなしいLINEを釣師会に打って撤収じゃ(ノ_-。)

そそくさと片付け車に乗り込み北上。
連絡を取り合っていたブルーボルボさんにお会いして
アジをいっぱいいただいた。
いつも本当にありがとうございます。
Dsc_1634














これで大手を振ってサーフに突撃できます(*^-^)

10時過ぎ、外房某サーフに降り立ち第二ラウンドへ。
ここも結構波が高い。
そしてここも釣り人はいない。
いや~な予感・・・
Dsc_16462














ここも誰もいないので好き放題にランガン。
ただ大きな波がくるとミノーが流されてしまうので
合間を見計らって投げを繰り返す。

30分ほどやっていると
コンコンコンと生体反応があり、グッをあわせてやると竿がしなり
ゴンゴン叩いてくる。
おー、これは間違いなくターゲットのヒラメじゃ。
引きが弱いのでさほど大きくなさそうだが
慎重にランディングさせてやる。
すると
Dsc_1638














久々のご対面。
サイズは40cm弱と今一だが
今シーズン初戦の一枚目なので
思わずガッツポーズ(o^-^o)

第一ラウンド見事にずっこけ
第二ラウンドも半分あきらめていたんだが、
いや~ラッキー、やって良かった(嬉

ずっこけてもただじゃあ起きません(@Д@;
なんて!

気分を良くして2枚目を目指すが
12時、さすがにくたびれてこれにて終了。
釣ったヒラメは海水を入れたビニール袋に入れて
活魚のままお持ち帰り。
Dsc_1652














さてさて、今晩のお茶けは
さぞ美味しいことでしょう。
次回はサイズアップ目指してやりますよ~

2017年10月 9日 (月)

南房夜磯第3戦(復帰戦)

10月8日
体調も良くなり待ちに待った復帰第1戦は
海風が心地よい南房某磯での夜釣り。
ここは今回で今年3回目になるが釣果はいまいち。
今回こそ爆りたいところだ。

今週末は3連休だったが、初日が雨だったので中日は混雑必須だろう。
そのため早めの出発で昼にはいつもの磯に到着。
ところが釣り人はポツポツで、難なくいつもの場所をキープできた。
Dsc_14412



















今日は天気も良く潮風が最高。
やっぱり海はいい!
夕方まで時間はたっぷりあるので、ぼーと時間を過ごす。
病床で思っていた至福のひとときだ。

そして今日はボルボさんも参戦決定。二人とも爆釣となれば良いのだが・・・

さらに今回は新タックルの筆おろし。
竿はG社4-53ベイト。リールはAbu6501(左ハンドル)
まずはそろり投げてみる。
ブレーキは強めにセットしておいたが滑らかにラインが出て行く。
竿もバッドに粘りがあって気持ちよく振りぬける。
なかなか良い。1軍決定だ。

夕方。ちょっとだけ別タックルでイナワラを狙ったがまったく気配なし。
早々にあきらめ。

うす暗くなり本番スタート。
日が落ちてそろそろかと思っているとボルボさんにヒット。
けっこう竿が曲がっているのでサイズが良さそうと期待してると
あがってきたのは尺サイズのアイゴでした。
その後ひたすら投げるが二人ともまったくあたり無し。
8時過ぎ、やっと自分のウキが沈んだが
新タックル入魂は尺オーバーのメジナでした。
けっこう重くて夏魚だったらジャンボかと期待したんだが。

その後はまったくあたりなく、周りもあがっている様子はない。
21時、ボルボさん撤収。
自分は23時まで粘ったが、ひたすらコマセを撒くのみ。
最後は竿の継ぎ目が緩んだまま投げてしまい修復不能の大バックラ。
さすがに心も折れてこれにて撤収とあいなりました。

今回の復帰戦、クーラー満タンのつもりだったんだが・・・
あまくありませんなあ~
Dsc_1444




















虎の子の一匹。

さてさて次回は・・・作戦練り直しだ。

2017年9月10日 (日)

ご報告

ご無沙汰しております。
諸般の事情により釣りに行けず
ただいまブログ休止状態です。
再開は10月以降になってしまいそうです(。>0<。)
あ~早く釣りに行きて~
Dsc_1403_2












Dsc_1404









いじけてリール磨いてますう。

«南房夜磯第2戦